So-net無料ブログ作成
検索選択

22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版!ラストの展開に衝撃! [映画]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。


藤原竜也さんと伊藤英明さんがW主演を務める「22年目の告白-私が殺人犯です」

22年前に起きた事件の時効が過ぎた頃、突然犯人を名乗る男が手記を発表し世間を賑わし一躍時の人となっていき、そして新たな事件が…というサスペンスミステリー映画。

原作は韓国映画「殺人の告白」です。

日本版も気になるところですが、評判が高い韓国の原作映画の方を借りてみたところ、想像以上にかなり面白く食い入るようにラストまであっと言う間に見てしまいました。

ラストに待ち受ける衝撃の事実にただただ驚かされました。

今回は「22年目の告白-私が殺人犯です-」の原作韓国版のネタバレあらすじと感想を簡単にまとめました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくないないかたはご注意ください。

スポンサーリンク



22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版【簡易版】


今から15年前、女性ばかりを襲う連続殺人事件(ヨンゴク事件)が発生。

事件を担当していたチェ刑事は犯人を追うも捕まえることができず、時効を迎えてしまう。

このヨンゴク事件の最後の被害者となったのは、彼の恋人であったチェ・スヨンだった。

ヨンゴク事件の時効が成立した頃、待っていたかのように犯人を名乗る男・イ・ドュソクが現れ事件を題材にした本を出版する。

イケメンでミステリアスな風貌から瞬く間に人気者となりファンクラブができるほど人気は過熱。

その頃、ヨンゴク事件によって家族を亡くした遺族はイ・ドュソクへの復讐を計画し誘拐する。

彼を誘拐することに成功したものの、復讐をする前にチェ刑事によってイ・ドュソクを救出され解放する。

殺人犯にも関らずイ・ドュソクの人気は衰えることをしらず社会現象となっていく。

そして、テレビ局にてイ・ドュソクとチェ刑事が参加し「彼が本当の犯人なのか」という討論番組が行われる。

すると本番中に「J」と名乗る男から「イ・ドュソクは偽者であり私が真犯人だ」衝撃の電話が入る。

本当の犯人は誰なのか…世間は混乱の渦に巻き込まれていく。

後日、Jからチェ刑事の元に、ヨンゴク事件の最後の被害者であったチェ刑事の恋人の死の間際のビデオと凶器が送られてきた。

イ・ドュソクが偽者なのか?だとしたらなぜヨンゴク事件の詳細を事細かに本に書くことができたのか?

その頃、偽者と疑われ始めたイ・ドュソクは本の売り上げを遺族に寄付すると会見を開く。印税目的でないのであれば、やはり罪の意識から全てを告白するために現れた犯人なのか。

そう世間が思い始めたころ、チェ刑事、イ・ドュソク、Jの3人が参加する討論番組が行われることになる。

本番が始まり、Jは自身が真犯人である証明として、最後の被害者スヨンの遺体のある場所について明かし、17年の年月を得てスヨンは遺体となって発見された。

そして、イ・ドュソクは衝撃の一言を発する。

「私は犯人ではない」

スポンサーリンク



イ・ドュソクは犯人ではない。

実はイ・ドュソクと名乗り出てきた男の名前はチョン・ヒョンシク。

チェ刑事の弟分であり、ヨンゴク事件の最初の被害者は彼の母親だった。

ヒンシュクは、ヨンゴク事件の時効を迎えた時に自殺し亡くなったと思われていたが、実は生きており、顔を変えイ・ドュソクとして現れたのだった。

そして、イ・ドュソクが出版した本は、チェ刑事が書いたものだった。

チェ刑事は、犯人の自己顕示欲の高さに目を付け、犯人と名乗る人物が現れ世間を賑わせることで、真犯人をあおり、自ら名乗り出てくるように仕向けたのだった。

そう、つまり真犯人Jが姿を現させるために二人が仕組んだ罠だった。

その事実を知ったJは時効はもう成立していると笑う。

ところが、Jが持ってきたスヨンの最後の映像には、1992年12月19日深夜0時を告げる瞬間が残っている。そしてJが自らが犯人だと告げた時刻は2007年12月18日11時46分。

つまり、時効が切れる14分前だったのだ。

Jはその場から逃げ出し、現場にいたスヨンの母を人質に逃走を図ろうとする。

チェ刑事たちと遺族たちはJを追いかけ激しい乱闘の末にJは捕まる。

そして、スヨンの母がJを殺そうとするが、チェ刑事が止めに入る。

次の瞬間、チェ刑事は自らの手でJをあやめたのだった。

それから5年後。

刑期を終えたチェ刑事が刑務所から出所。

出所してきた彼をスヨンの母、ヒンシュク、事件の遺族たちが笑顔で待っていた。

こうして復讐は終わった。

22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版の感想


まさか、真犯人をあぶりだすために仕掛けられたチェ刑事と、イ・ドュソクの壮大な罠だったとは全く想定外で、書記を書いたのがチェ刑事だとわかった瞬間はかなり驚きトリハダが立ちました。

所々出てきた、スヨンとの回想シーンには胸が苦しく切なくなるよな場面も多々ありました。

ストーリーの中にところどころ伏線が張られていて、「あのセリフはこのシーンと関係があったのか!」と繋がるところも面白かったですね。

原作映画かなり良くできていて、想像をはるかに超えて面白かったです。

日本版もどのようにリメイクされているのか楽しみですね。

スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0