So-net無料ブログ作成
検索選択
エンタメ ブログトップ
前の10件 | -

石田さんちの大家族2017!5月内容ネタバレ長女は埼玉で光央は?隼司がイケメン! [エンタメ]

今年で密着21年目に突入した「石田さんちの大家族」

7男2女の11人家族の石田さん家に密着したこの番組、ファンの方も多いのではないでしょうか。

番組が始まった21年前はまだ赤ちゃんだった末っ子の隼司くんもいまや立派な社会人となりました。

2017年5月の放送のテーマは「別居・介護・相続・父ちゃんの終活宣言」

なんだかずっと見ていたファンにしては、時が流れたんだな~と感じさせますね。

今回は、2017年5月22日に放送された「石田さんちの大家族」について内容をまとめてみました!

また、長いこと出演をしなくなった長女&光央さんの現在についても紹介します。

スポンサーリンク



石田さんちの大家族・家族構成と現在【2017年版】


まず石田さんちの家族構成と2017年の放送でわかった現在についてまとめました。
(※年齢は2017年5月現在です。)

父:晃さん(63)
外資系化粧品会社ロレアルを定年退職して2年。
現在では過去の顧客だった美容室と顧問契約をいくつかし新たな仕事人生を始めています。

母:千穂子さん(63)
千穂子さんの母・みさ子さんの認知症が進み面倒を見るためみさ子さんの家で2人暮らし。
そのため父ちゃんとは別居中。
介護の傍ら、講演活動もされているようですね。

長女:奈緒子さん(38)
栄養士の学校を卒業後、携帯ショップに就職したもののチョコレート工場に転職。
現在は埼玉に住んでいる。

長男:孝之さん(35)
IT企業に勤務。
嫁・洋子さん、娘・ほのかちゃん(7)と3人家族。
茨城の東海村にマイホームを建てて暮らしています。
めだかが趣味で鑑賞魚の雑誌にも掲載されるほどはまっています。

次女:芽衣子さん(34)
市役所の税務課のアルバイトとして勤務。
正社員雇用の誘いもあったそうですが、断ったそうです。
猫2匹を激愛し現在も実家で暮らし結婚はまだしていません。

次男:和寛さん(33)
18歳で自衛隊に。
その後婿入り結婚し2児の父親に。

三男:光央さん(32)
カメラマンを目指し、技術会社に入社したが退社。
その後は明らかになっていませんが元気にやっているそう。

四男:智広さん(29)
高校卒業と同時に働き始めた鉄工所勤務11年。
結婚はまだしていません。

五男:元基さん(26)
情報戦略テクノロジーというIT企業にシステムエンジニアとして勤務。
塩顔系男子としてかっこいいと社内の女性からも言われていました。

六男:有志さん(24)
神奈川県川崎市にて美容師として働いている。
店に訪れた母ちゃんの髪を切ってあげていました。
元基さんと職場が近いようで、一緒に暮らしています。

七男:隼司さん(21)
美容師試験に合格し、美容師見習いとして勤務して2年目。
マッサージが好評でゴットハンドの持ち主と言われているそうです。
イケメンに成長していました!

祖母:みさ子さん(84)
認知症を患い10分前のことも覚えていないくらい進行しています。
現在は千恵子さんと暮らしています。

石田さんちの大家族【2017年5月】内容まとめ!


今回のテーマは「別居・介護・相続・父ちゃんの終活宣言」

中でも父ちゃんが悩む家の相続問題、末っ子の隼司さんが仕事を辞めたいと悩む姿、石田家に唯一暮らす次女・芽衣子さんの結婚についても触れられ、大きく分けるとこの3つを主に取り上げられていました。

ここからは、今回放送された番組の内容について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



石田さんちの大家族【2017年5月】父ちゃんの終活&仕事に悩む末っ子・隼司


2016年に脳梗塞で倒れさらに糖尿病を患っている父ちゃんは、自分の死を考えるようになり「家を誰に残すか、自分にもしものことがあったら誰に頼むか」など終活を始めます。

そして、母ちゃんはばあちゃんの認知症が進み介護の必要があるため、父ちゃんとは別居しばあちゃんの家で2人で暮らしています。

2015年に茨城を襲った大洪水で800万円かけてリフォームした石田家には現在父ちゃんと次女芽衣子さん、そして芽衣子さんが愛する猫2匹と暮らしています。(ちなみに父ちゃんは猫が嫌い…)

2017年のお正月、母ちゃんはばあちゃんの家で煮物などの料理を父ちゃんのために作り届け、一緒に食べることもなく、ばあちゃんの家に早々と帰っていきます。

実家に顔を見せに来たのは、四男:智広さん、五男:元基さん、七男:隼司さんです。

男4人で母ちゃんが作った料理を食べ、かつて大賑わいだった石田家とはかけ離れた静かなお正月を迎えていました。

でも父ちゃん「今年最後だぞ」と言いつつもしっかりとお年玉を渡すところは変わりません。

お正月に実家に戻ってきた七男:隼司さんに「仕事はどう?」と父ちゃんは心配しますが、隼司さんは「わかんねぇ…」とあまり上手く言っていない様子。

その頃、母ちゃんはばあちゃんの世話で大忙し。10分前の出来事も忘れて何度も同じことを聞いてくるばあちゃん。それでも母ちゃんは現実だからね~と明るく答えます。

末っ子・隼司さんの仕事が心配の今井ディレクター。

今井ディレクターといえば、長年番組を取材し5年前美容師の国家試験を受ける隼司さんを、家族のように応援し試験当日はお守りを渡し、合格発表がわかった日には涙を流して喜んでいた名物ディレクター(笑)

隼司さんはまだ見習い美容師のため朝7時に出勤し、開店前には後輩のシャンプーやマッサージの練習代になりアドバイスをするなど、先輩らしい一面も覗かせていました。

後輩からも、面白いし、無意識の優しさがあると慕われている様子。

しかし、お正月に仕事について聞かれた時にあまりいい返事をしなかった隼司さんを心配し今井ディレクターは仕事について尋ねます。

すると隼司さんは「順調ではないね…もういいかな、疲れた…」と続ける気力がない様子。

さらに、美容のレールに乗ると、何も考えずに行っちゃう。

美容師になろう、何も考えない、美容専門学校に行くことしかない、そのレールに乗った。その電車でずっと走っている。

やめたいなと思っても、そのレールに乗った結果、美容師になれたわけ。もっと考えればよかった。

と少し諦めとも取れる発言。

16歳の時、荒れていた隼司さん。撮影スタッフに「撮ってんじゃねー!」と物を投げたり反抗していたこともありました。

しかし、高校卒業後、美容師を目指すようになると顔つきも変わり見事試験にも合格。

親元を離れ上京する時、父ちゃんから「忍」と書かれたメッセージを手渡されたことも。

成長する隼司さんをずっと見てきた、今井ディレクターは本気で心配し「マジでもう無理なの?」と問いかけますが「今はもう無理だね」と答える隼司さん。

長年この番組を担当してきた、中林カメラマンも「3年やるんじゃないの」と言いますが「3年続けたところで辞めたら、意味無いなと思う」と続ける意思がもう残っていなさそう…。

でも何かが見えてくるかもよと必死にスタッフ陣は説得しますが「そこで頑張ろうと思ってても思えないのが人間じゃん」とかなり心配になる発言が続きます。

休日は地元によく帰ってきて地元の友人たちとよく飲みに行くという隼司さん。「地元はいいな…」というのが口癖になっている様子でした。

スポンサーリンク



石田さんちの大家族【2017年5月】次女・芽衣子結婚への本心を語る!父ちゃんの思いは複雑…


実家には現在父ちゃんと次女・芽衣子さん、2匹の猫が暮らしています。

子供の頃から猫を激愛し、猫が友達というスタイルは現在でも変わっていません。

中学生の頃、おしゃれには興味がないのか、お父ちゃんにおしゃれに気を使えと注意されていた芽衣子さん。

でも色白で美人な方なので化粧や髪型を変えれば随分と気がしますけど、あまり興味がなさそうです。

芽衣子さんは、4年制大学を卒業し地元の市役所の税務課にアルバイトとして勤務。

定時になるとまっすぐ家に帰り、飲みに出かけることもなくもっぱら家飲み。でも意外と飲むのは好きなようで母ちゃんに「まだ飲むの!?」と怒られていたこともありました。

休日は出かけることも少ないようで、1日中パソコンの前から離れず動画などを見て、猫と戯れていることがほとんどのようです。

今井ディレクターに「この先どうしていきたい?」と聞かれ「ここに居れるだけはずっといる」と答える芽衣子さん。

本当はお金があれば違うところに行きたいけど、お金がないからここにいると本心を語ります。

さらに、ディレクターから芽衣子さんが考える幸せとは?と聞かれ、猫をもう1匹飼うことだと答えます。

「結婚はしたくない?いい人がいたら?理想ない?」とズバリ本心に迫っていくディレクターですが「結婚したいってひとかけらもない」と結婚願望が全くないことを話します。

でも愛する猫に囲まれた生活はどこか幸せそうで充実している様にも見えました。

しかし、父ちゃんの心中は複雑です。

結婚してあの家を出て行くのが父ちゃんの身勝手な夢だと語ります。

しかし、父ちゃんは「(芽衣子は)自分が出て行ってはまずいという正義感がでたのかもしれない」自分たち夫婦が悪かったと少し悲しげでした。

父ちゃんは芽衣子さんに自立を促すためにも、家の相続を(家の名義)芽衣子さんにし、光熱費なども芽衣子さんに任せようと考え母ちゃんに相談します。

しかし、二人は些細なことでケンカになり、父ちゃんは「離婚してもいいけど」と言い争いになります。

なんとか今井ディレクターがその場をなだめますが結局家問題はうやむやになってしまいました。

石田さんちの大家族【2017年5月】ばあちゃんの認知症・介護に奔走する母ちゃん


ある日、母ちゃんに「助けて」と電話を受けた長男・孝之さんは母ちゃんとばあちゃんが暮らす家に行きます。

祖母ちゃんが風邪気味ということもあり、次の日病院に連れて行く運転を孝之さんにお願いします。

家に訪れた孝之さんに、ばあちゃんは何度も「自分の年齢忘れちゃった、何歳?」と聞きます。孝之さんは優しく何度も「84歳だよ、誰でも忘れることあるよ」と語りかけます。

風邪気味のばあちゃん、これ以上熱が出たりしないように母ちゃんは湯船に浸かるように何度もばあちゃんに言います。

お風呂場に行ったばあちゃんですが、母ちゃんが様子を見に行くと、湯船に入らずバスタブのすぐ外で身体を洗っています。

母ちゃんは何度も「風邪引くからお風呂に浸かって」といいますが、ばあちゃんはわかりません。

熱が出ることを予想し、その後の看病のことを考えると頭を抱え落ち込む母ちゃん。さすがの孝之さんもかける言葉が見つからず介護の過酷さを感じたのでした。

翌朝、幸いなことにばあちゃんの熱はあがることなく体調も悪くなることはなかったので3人でお墓参りに行きます。

優しくばあちゃんの手を引く、母ちゃんと孝之さん。ばあちゃんは10分前の記憶は消えても大事なお墓の場所は忘れていないのでした。
スポンサーリンク



石田さんちの大家族【2017年5月】相続問題に立ち上がる長男・孝之さん


家の相続問題で母ちゃんと話しがうやむやになった父ちゃんは、孝之さんのところに相談に行きます。

先日、ばあちゃんの介護をする母ちゃんの姿を見た孝之さんは、「母ちゃんはばあちゃんの世話でまいっている、父ちゃんに折れて欲しい」と伝えますが父ちゃんは夫婦って平等でしょと話します。

すると「余裕があるのは父ちゃんかな」と孝之さんは伝えます。

そして、四男:智広さんに家に入ってもらい夫婦や芽衣子さんの間を取り持つのがいいと考えます。

数日後、孝之さんは智広さんに電話し「家帰る話しは?」と心の内を探りますが、今住む人(芽衣子さん)がいるなら俺が帰る必用はないでしょと言われます。

孝之さんから連絡を受け、実家の状況を気にした智広さんは実家に一時帰省します。智広さんは智広さんで、両親を引き受けて面倒を見るのは、芽衣子さんだと考えていました。

芽衣子さんと話す智広さん。

家の名義は自分(芽衣子さん)になることはいいが、市役所の税務課で働く芽衣子さんは遺産相続で揉める家族を何人も見てきたため、父ちゃんが亡くなる前に、相続税の手続きを済ませておいてほしいと考えていました。

石田さんちの大家族【2017年5月】末っ子・隼司このまま仕事辞めてしまうのか!?父ちゃんが息子に語る!


美容室で働き始めて丸1年。

今にも辞めてしまいそうな隼司さんを父ちゃんは家に呼び話しをします。

お父ちゃん的には、どん底でもいいから続けて欲しい思っていました。

中学生の頃、番組の影響かカメラマンになりたいと密かに思っていたことをスタッフにバラされ照れ隠しなのか父に暴言をはいたことありました。

美容師の試験に合格したことがわかった朝、隼司さんが真っ先に報告したのは父ちゃんで、隼司さんが上京するときは「忍」と書いた手紙を渡し送り出しました。

父ちゃんは、せっかく美容業界に入ってやめるのはもったいない。学校も含めて美容業界に入って3年。今から全く違う業界に行くのは大変。それでも行きたいという方向があれば行ってもいいけど。

と、父ちゃんらしくアドバイスします。

色んな道を考えていた方がいいよなと言う隼司さん。

もう一度考えろよ、しがみつくのもひとつの方法だと父ちゃんは話します。

黙って父ちゃんの話しを聞いている隼司さん。

「ひとつのところにじっとしていれば、年取ってからいいことがある。それが嫌だったらそれも人生だからいんじゃない。」

と父ちゃんは言います。

しかし、「片足しか浸かっていないのにやりたくない仕事をやるのは嫌じゃん…」と言い隼司さんは実家を後にしました。

数日後、東京に戻った隼司さんに今後どうするのか聞く今井ディレクター。

すると隼司さんは、

「色んな意見を聞いて今年考える。今年決まらなかったら、来年も続ける、そして来年も考える」

と前向きな表情で答えたのでした。
スポンサーリンク



石田さんちの大家族【2017年5月】相続問題の結論!そして母ちゃんが長女・奈緒子さんについて話す!


家の相続について父ちゃんは芽衣子さんを呼び出します。

出した結論は、とりあえず1~2年は父ちゃんの名義にしておく、当面は現状を維持、でも「俺が死んだら頼むね」と芽衣子さんに託す方向で考えているようでした。

この結論には母ちゃんも納得したそうです。

芽衣子さんは「私が死んだら猫を頼むね」と冗談を言い笑い合います。

母ちゃんは、桜並木をばあちゃんと一緒に歌を歌いながら散歩していました。

母ちゃんはばあちゃんの手を引いて「ばあちゃんは孫が何人いるか知っている?」と優しく語り掛けます。

しかしばあちゃんは自分に孫が何人いるかわかりません。

母ちゃんは一人ずつのそれぞれの今の現状を話し始め、さりげなく長女は奈緒子さんは埼玉にいるよと言い、ばあちゃんにも番組ファンにも元気に過ごしている報告をする母ちゃんなのでした。

石田さんちの大家族【2017年5月】感想


石田さんちの家族、あっという間に子供たちは成長し、あの父ちゃんが終活とは時の流れの早さを感じました。

それにしても11人の子供を育て上げたのは、並大抵のことではありません。石田家の父ちゃん、母ちゃんは凄いなと自分が大人になればなるほど尊敬します。

そして、番組ファンの方で気になるのは数年前から一切登場しなくなった長女・奈緒子さん、そして三男・光央さんではないでしょうか。

2016年に放送された時、番組には出演しなかったものの二人とも元気にやっているとナレーションで報告があったようですね。

2017年今回の放送には出演するのか!?と気になったファンの方も多いかと思いますが、残念ながら登場することは一切なかったです。番組内でも存在しないかのように触れられることも過去の映像がちらっと流れることもありません。

しかし、今回長女・奈緒子さんの近況だけが少しわかりました。

ほんの少しですが現在は埼玉にお住まいとのこと!

茨城のネスレのチョコレート工場に勤務してからはその後の状況がわからなかったですが、現在は埼玉にいらっしゃると母ちゃんが、ばあちゃんに最後の最後で話していましたね。

ファンの方は最後にさらっと、ビッグ情報が入ってきてテンションあがった人もいるのではないでしょうか。

二人が番組に登場しなくなってから、心配するファンの声が多くあったようで、もしかしたら番組のファンへのサービスも少しはあったのかな?と感じました。

しかし、光央さんの現在については残念ながら触れられませんでした。

ネット上では、結婚して子供がいる、離婚したなどと噂がありますがどれも確かな情報ではありません。

奈緒子さんも結婚して子供がいるなどと噂がありますがどれも信憑性にかけるものばかりですので、本当のところはわかりません。

しかし、お二人とも元気に暮らしているということは確かのようなので、それだけでも安心しました。

いつかまた、家族全員がそろっているところを見たいですね!

父ちゃん、母ちゃん、ばあちゃんにも長生きしてもらって、石田さんちが許す限り密着を続けて欲しなと思います。
スポンサーリンク



プリンセス天功事故後血液交換で性格激変?現在は吉本興業で活動中? [エンタメ]

イリュージョニストとして世界で活躍しているプリンセス天功さん。

数々の壮大なイリュージョンを披露して世界を驚かせていますが、そのイリュージョンはいつも命がけ。

これまでも何度も命の危機にさらされてきています。

中でも気になるのが事故後血液交換を行ったところ、性格が変わったという話しがあるそうなんです!

気になったので詳しく調べてみました。

スポンサーリンク




プリンセス天功の大事故


プリンセス天功さんと言えば、数々の命がけのマジックを成功させ海外でも人気が高いイリュージョニストです。

しかし、これまでマジック失敗により幾度となく命の危機にさらされてきています。

その中でも大きな事故として報道されているのは以下2つでしょうか。

■刃渡り24本が刺さる等身大ボックスの中で3秒で脱出するイリュージョンに挑戦
→誤作動により、扉を閉めた瞬間16本の刃が体にささり意識不明に。全治一ヶ月の大怪我。

■爆薬をしかけた遊覧船からの脱出イリュージョンに挑戦
→予定より早く遊覧船が大爆発。船から7m離れた海中で発見されるが意識不明の重体に。

遊覧船脱出イリュージョンはテレビの企画であったため、今でも当時の映像が残っています。

プリンセス天功さんはいくつも外から鍵のかかった箱に入られ遊覧船に乗せられました。

爆発する寸前で脱出するというものでしたが、風向きが変わり予定よりも早く遊覧船が大爆発しみるみるうちに燃え広がり救助隊が駆けつけます。

丸こげの中、必死にプリンセス天功さんの救出を試みる救助隊たち。

まさかの大事故に現場は緊迫した空気が漂い、プリンセス天功さんの命が心配されます。

すると、違う船から様子を伺っていたスタッフが、大爆発した船から7メートル先の海面にプリンセス天功が浮いているのを発見。

急いで救助されるものの、プリンセス天功さんは意識がなくぐったりとしており、男性スタッフに抱えられて運ばれていきました。

プリンセス天功事故後血液交換で性格が激変?


誰もが最悪の事態を想定したこの遊覧船事故。

プリンセス天功さんは、命は取り留めたものの、意識不明の重体で集中治療室(IUC)にて処置が行われます。

爆破により真っ黒の煙を大量に吸い込んでしまったため脳挫傷を引き起こしていたそうです。

この時、治療のため身体に4ヶ所もの穴があけられ体内の全血液を交換するという処置を受けます。

こうして無事に一命を取り留めたプリンセス天功さん。

しかし、この後とある変化が起きます。

それは「性格の変化」

ほんわかした雰囲気のプリンセス天功さん。

元々、どちらかというとおとなしい性格だったそうです。

しかし、体内の血液を交換したことにより、アクティブで積極的な性格に激変という信じられないことがおきます。まさにイリュージョン…。。

スポンサーリンク



血液交換で性格が変わる理由


実はこれプリンセス天功さんに限らず、輸血や臓器移植などで性格が変わったというのは、度々報告されているようです。

性格以外にも、体質や食べ物の好みなどが変わることもあるそうです。

ネット上でも実際に激変とはいかずとも、変わったという経験者もちらほらと見かけました。

この理由としては、大きな治療を受けたことにより価値観が変わったということ。

そして血液という人間の臓器が輸血などにより他の人の一部分が自分の中に入ってきたことにより、脳に送られる身体の信号が何かしらの変化が起きた。

ということも考えられると言われているようです。

なんとも不思議な話しですが、血液交換により性格が変わるというのは、非現実的な全くありえない話しではないようですね。

プリンセス天功実は吉本興業所属で活動中?


プリンセス天功さんは、1990年にアメリカマジックアカデミー賞の大賞「90マジシャン・オブ・イヤー」を受賞し、アメリカで世界一のマジシャンとして認められたことをきっかけに全世界から注目を集めます。

一般的な劇場公開の他にも世界各国の国王や石油王などに呼ばれ、一般には公開されないイリュージョンショーも行っています。

アメリカではテンコー人形が発売され、2020年までアメリカのアニメ企業との契約がされています。

海外でかなり活躍されているので、個人事務所を立ち上げ活動されているのかと思いきや、実は2013年より吉本興業に所属されています。

いっきに親近感が沸きますね(笑)

プリンセス天功さんは意外にも吉本興業と昔から縁があり、最初に所属した事務所が吉本興業の東京オフィスが目の前にあり、現社長ともよくエレベーターなどであったりしていたんだとか。

さらに、桂三枝さんらとも30年前以上前から飛行機で偶然にも会ったことから現在でも交流があり、吉本興業とは昔から何かしらの縁があり、2013年に吉本入りされたそうです。

2016年には吉本興業主催のイリュージョン新喜劇などが行われていますね。

今後も開催されるかと思いますので気になる人はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



This Manの正体判明!イタリアの広告実験で目的は… [エンタメ]

「世にも奇妙な物語」の題材としても使われた「This Man」

世界中の色んな人の夢に現れる謎の男です。

2006年から検索され始め、これまで2000人以上の夢に出てきたと言われています。

しかし、最近このThis Manの正体が判明し、実はイタリアでの広告実験だった?という説が濃厚なようです。

気になったので詳しく調べてみました!

スポンサーリンク




This Manとは?


まず「This Man」について軽く説明したいと思います。

始まりは2006年ニューヨーク。

一人の女性が精神科を訪れ、現実には会ったことない男が夢に度々出てくると言い、その男の似顔絵を書いた。

数日後、別の男性が精神科を訪れ、先ほどの女性と同じく会ったことがない男が夢に出てくると話す。似顔絵を描いてもらうと、女性が書いた顔と似ていた。

不思議に感じた精神科医は、別の医師にこの絵を送り説明する。すると他の患者もこの男と似たような絵を描いたという人が複数見つかる。

この男の正体を突き止めるべく、ネット上でウェブサイトを開設すると世界各国からこの男の目撃証言が続々と寄せられた。

ちなみにそのウェブサイトはこちら(英語)
http://www.thisman.org/index.htm

世界中の夢の中に出てくると言われるこの男は一体誰で何を意味するのか…?世界中で都市伝説として広まっていった。

This Manの正体はイタリアの広告実験だった?目的は…


世界中で広まったこの「This Man」

しかし、自分の夢に出てきたことがある!といった証言は多く寄せられていますが、実際に生身の人間として目撃したという人は出てきていません。

それもそのはず。

実はこのThis Manの正体は、イタリアの社会学者&マーケターであるアンドレア氏が行ったマーケティングのひとつだったのです。

アンドレア氏はゲリラマーケティングという会社を運営しており「This Man」は彼によって作成されたもの。

なぜ彼はこのThis Manを作ったかと言うと、口コミを利用した低コストのマーケティング手法の社会的実験だったようです。

先ほど、患者が描いたという男の似顔絵はコンピュータによって誰もが見たことあるような顔を作成し、本当にあったようなストーリーを付け加え、なおかつ世界中にこの男を夢で見たことがないか?とばらまけば、なんとなく思い当たるような…

と人間の心理をうまく使った一種のマーケティングの広告実験だったというわけですね。

This Manの正体判明!イタリアの広告実験で目的は…おわりに


今回は、世にも奇妙な物語に登場する「This Man」の正体について紹介しました。

正体がわかってすっきりしたような…

がっかりしたような複雑な気分ですが、自分の夢に毎回出てくるようだと怖いので実在しないことがわかってよかったかもしれないです…!

スポンサーリンク



インドサルー実話映画ライオン!母カムラとグーグルアースで奇跡の再会とその後(現在)! [エンタメ]

2017年4月に公開された映画「LION/ライオン~25年目のただいま~」

インドのスラム街で生まれ育った5歳の少年サルーは、迷子になり、その後オーストラリア人の夫妻に養子として引き取られます。

大人になったサルーは自分のルーツを知りたく、グーグルアースを使って、生まれ育ったインドの故郷の街を探し…

という実話を元に作られた映画です。

今回は、映画「LION/ライオン~25年目のただいま~」の実話となったインドの少年サルーの数奇な物語について、さらにはその後(現在)のサルーはどうなったのかあわせて紹介します!

スポンサーリンク




インド サルーが母カムラとグーグルアースで映画のような奇跡の再会!


1981年、インドの貧しい村でサルーは生まれた。

父親はサルーが3歳の時に蒸発しておらず、母カムラ、兄弟5人で暮らしていた。

家計は貧しく5歳になったサルーは、兄と最寄り駅から1時間ほどの「ベランプール」駅で物乞いをして生活費を稼いでいた。

そんなある日、サルーは疲れ果て駅のベンチで寝てしまう。

仕方なく兄は一人で仕事に向かい、サルーは一人に。

起きたサルーは兄がいないことに焦り、置き去りにされてしまうと慌てて駅に止まっていた電車に乗り込んでしまった。

この電車は回送列車で、1600キロ離れたインドの主要都市コルカタまで運ばれてしまう。

サルーが住む地域ではヒンディー語だったが、到着したコルカタはベンガル語であり言語が違う。

元々学校に行っていなかったサルーはヒンディー語もままならなかったが、ベンガル語はひとことも話せず、自分の町の駅もわからないため帰るすべがなかった。

全く知らない街に到着し行くあてもないサルーはしばらく物乞いをして路上で生活をしていた。

奴隷として売られそうになりながらもなんとか逃れ、孤児院に保護され、孤児院の助けもあり、オーストラリアに住むブライアリー夫妻の養子としてオーストラリアに渡り新たな人生を始めた。

サルーを引き取ったブライアリー夫妻はサルーを愛情深く育て、サルーはたくましく成長。

サルーの養母は、故郷インドの地図を部屋に貼ってくれ、インド料理も食べさせてくれるなど自分のルーツを忘れないようにしてくれていた。

しかし頭の片隅には故郷のことが忘れられず、ぼんやりと記憶を頼りにグーグルマップの衛星拡大地図やフェイスブックなどを駆使し、故郷への足取りを調べ続け、ついに自分の見覚えのある駅を見つけ出す。

故郷を探し当てたサルーはオーストラリアからインドへ渡り、かつて自分が住んでいた自宅を発見する。

しかしその場所に母親は住んでいなかったものの聞き込みで母は近くの別の家に住んでいることが判明。

そして、母カムラと奇跡の再会を果たすことができたのだった。

しかし、いいことばかりではなかった。

母カムラに再会できたものの、駅で一緒に働いていた兄は、サルーが行方不明になった直後に列車にひかれて亡くなってしまっていた。

スポンサーリンク




サルー・ブライアリー母との再会のその後(現在)は?



家族と25年ぶりの再会を果たしたサルー。

しかし、現在もインドに帰ることはなくオーストラリアで生活しています。

オーストラリアの生活の方が長いですし、ヒンディー語が話せないことや仕事のことも考えるとオーストラリアに拠点を置いていた方がいいのでしょう。

しかし、サルーは度々家族に会いにインドを訪れ、母カムラさんに毎月仕送りをされているそうです。

カムラさんはサルーから仕送りを受け取ることを断ったそうですが、少しでも家族のつながりを持っておきたいというサルーの強い要望から月に100ドル(日本円で1万円)ほど受け取っているそうです。

サルーは、両親の会社を受け継ぎながら自身の体験をもとに講演活動を行ったり、インドで孤児となってしまった子供への養子縁組の支援など精力的に活動をされています。

サルーと映画ライオンの意味


サルーは自分の名前をずっと「サルー」だと思っていました。

しかし、実は発音を間違っていて正しくは「シェルゥ」

この「シェルゥ」とはヒンディー語で「ライオン」という意味であったことが判明し映画にライオンとつけられたようです。

インドサルー実話映画ライオン!母カムラとグーグルアースで奇跡の再会とその後(現在)!-おわりに


あらゆる奇跡が繋がりつづけたサルーの人生。

それは過酷な運命を乗り越え、強い決意と忍耐で家族を探し続けた奇跡の再会の物語でした。

スポンサーリンク



長井短の目は眼瞼下垂という病気?幼少期の顔が今以上に衝撃! [エンタメ]

ネガティブモデルとしてじわじわと人気を集めている長井短さん。

モデルだけでなく、舞台やテレビなど活躍の場を広げていますね。

さて、そんな長井短さんですが大きくタレ目がちな目が印象的なことから、もしかして何か病気なの?

と噂があるようです。

その病気として言われているのが、眼瞼下垂(がんけんかすい)ではないか?と言われているようですね。

そこで今回はモデル長井短さんに注目し、眼瞼下垂という病気説は本当なのか、さらには幼少期の写真が衝撃的だったのであわせて紹介したいと思います!

スポンサーリンク




長井短(モデル)のプロフィール情報


まずは長井短さんについてご存じない方も多いかと思いますので基本的なプロフィール情報を紹介します!




名前:長井短
本名:長井茉由
年齢:24歳
生年月日:1993年9月27日
出身地:東京都

一見ハーフな顔立ちをしていますが、実は純粋な日本人です。

元々はお笑い芸人になりたいと思っていた長井短さん。

高校卒業後、都内の小劇場で演劇活動を始めます。

しかし演劇だけでは食べていけずアルバイトの面接を受けるものの半年間落ちまくるという…

逆にどうしたら落ちまくるのかが不思議ですが、普通のアルバイトでは受からずモデルのオーディションに応募し、いくつかの事務所に声をかけられモデルとしてデビュー。

個性的なルックスを生かし、現在では装苑、GINZA、ananなど数々の雑誌のモデルを務め、最近ではテレビ番組にも出演するなど活躍の場を広げています。

もし普通のアルバイトに受かっていたらモデルとしてデビューすることはなかったかもしれませんね。

スポンサーリンク



長井短の目は眼瞼下垂という病気?


さて、そんな長井短さんですが、目がとても特徴的です。

大きく、そして結構なタレ目で日本人離れした顔立ちをされています。

そのため、もしかして眼瞼下垂という病気ではないか?という噂もあるようです。

まず「眼瞼下垂(がんけんかすい)」とは一体どういう病気なのか簡単に説明したいと思います。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、生まれつきに見られる先天性のものと、年齢を重ねてから発生する後天的なものがあります。

症状としては…

①まぶたが垂れ下がり黒目にかかっている
②おでこにしわができる
③眠たそうに見える

という特徴があります。

さらに目に見えない症状としては、おでこに緊張状態が続いているため肩こりや首のこりなども引き起こします。

他にも目の開きが悪いため、自律神経を刺激し、頭痛や自律神経失調症などを引き起こす場合もあります。

こうしてみると結構怖い病気ですね。

後天性の眼瞼下垂は中高年層に発症するもののため、長井短さんがもし眼瞼下垂であるのであれば先天性のものであると考えられます。

先天性眼瞼下垂の場合、生まれつきまぶたを動かす筋肉や神経がうまく働いていないことが原因であり、家族に同じような病気の人がいる場合、発症することが多いと言われています。

また先天性の場合は片側だけが全体の8割とのことで、片側だけ目が大きく腫れたように目が開かないということが多いようです。

しかし手術で治すことができる病気でもあるので、幼少期に手術を受けるといった方もいるようです(※個人差はあります)

さて、以上のことを踏まえて今一度長井短さんの画像を見てみましょう。




確かに、目元が重たそうに見えます。

しかし、まぶたが覆いかぶさって開けられないほどでもないですし、黒目もはっきりと見ています。

それに、どちらか片側だけというよりは両方同じような形ですし、「眼瞼下垂」である可能性は限りなく低いのではないかと思われます。

どちらかというと目の堀が深くて、大きいためそう見えるのではないかなと思います。

長井短,幼少期の顔が今以上に衝撃!?


長井短さんついて調べていたところ、幼少期の頃の画像を発見しました!

それがこちら




小学校3~4年生の頃でしょうか。

長井短さんは真ん中の水色の服を着た女の子ですね。

なんとなく面影がありますが、今とは目が全然違うような。写真写りのせいでしょうか。

現在は目がパッチリしていて堀が深い顔立ちですが、この頃はどちらかというと薄い顔立ちの印象で、なかなか今以上に個性的なオーラをかもし出しています。

長井短の目は眼瞼下垂という病気?幼少期の顔が今以上に衝撃!


今回はモデルの長井短さんに着目してみました。

個性的なモデルさんなので、今後も益々活躍していきそうです!

引き続き注目していきたいと思います。

スポンサーリンク



永田行夫ナヴォイ劇場建設と桜公園の感動秘話とは?多くのウズベク人を救った知られざる日本人! [エンタメ]

中央アジアのソ連崩壊後にできた国ウズベキスタン。

旧ソ連の雰囲気がいまだ色濃く残るウズベキスタンの首都・タシュケントにはナヴォイ劇場という美しいオペラハウスがあります。

実はこのナヴォイ劇場は日本人捕虜によって作れた劇場。

そして、このナヴォイ劇場と近くの公園には約600本もの桜の木が植えられています。

実はこのウズベキスタンに咲く桜には、ナヴォイ劇場に関った日本人捕虜たちとの深いつながりがあります。

そこで今回は永田行夫さんが指揮をとったナヴォイ劇場建設と桜公園の感動秘話について紹介します!

スポンサーリンク




永田行夫ナヴォイ劇場建設と桜公園の感動秘話とは?


永田行夫さんは24歳の時、満州で終戦を迎えた。

航空機の整備などの仕事をしており、終戦後、日本へ帰れると思ったが、旧ソ連軍の捕虜となり電車に40日間乗せられてウズベキスタンに連れていかれた。

当時ウズベキスタンに連行された日本人捕虜は約2万5000人。

永田行夫さんは、ウズベキスタンの首都・タシュケントの収容所に入れられ、約450人の第4ラーグリー隊の指揮を取り、ナヴォイ劇場の建設を任命された。

収容所は悲惨な環境だった。

栄養失調で歩くのもやっとの日もあった。

ベッドには南京虫が潜んでおり、お風呂はついておらず、街中にあるシャワー室に連れて行かれていたという。

人間の入浴というより、着ている被服についているしらみの対策のため、月に1~2回しかいけなかった。

収容所の中で隊長として自分はどう指揮をとったらいいのか考え抜き、とにかく全員が無事で帰るにはどうしたらいいのか。これが1番の使命だったという。

いつ帰れるかわからない先の不安が見えない中、永田行夫さんは、気落ちしないようにしないといけない。必ず帰れるから頑張れと仲間を励まし続けた。

厳しい環境の中でも少しでも気を紛らわし、楽しめるように様々な工夫をした。

演劇、将棋麻雀、音楽(バイオリンやマンダリン、シンバル、太鼓)など、劇場建設現場にてあまった材料を使い、自分たちで作った。

さらには着物、かつら、刀などを作り、女形も演じるなど、日々の辛い労働を少しでも忘れられるように努力した。

いつ死ぬかわからない、何のために生きているかわからないというような不安に襲われながらも懸命に仲間たちのことを想い、

「みんな生きて帰ろう、そして桜をみよう」

希望忘れずに、どんなに過酷な環境でも懸命に仕事をこなした。

やがて、捕虜として過酷な環境の中でも、懸命に働く日本人に対し現地の人は好意と尊敬の念を持ち始める。

子供たちも懸命に働く日本人の姿に同情し、食べ物を差し入れする子供もいた。

そんな子供に対し、日本人捕虜たちは精巧に作られた手作りおもちゃを渡し、お礼をすることを忘れなかった。

強制労働であったにも関らず、受けた恩に精一杯答える日本人の姿勢は、ウズベク人の間でも語り継がれるようになっていった。

スポンサーリンク




そして、2年後、ナボイ劇場は完成。

永田行夫さんも日本に帰国することとなった。

帰るときに、収容所の人の全ての名前と住所を暗記した。

日本帰国後、すぐに覚えていることを紙に書き、収容所で一緒だった人に手紙を書いたという。

中には行方がわからなくなった人、亡くなったものもいたため家族に連絡してあげなければいけないと思ったという。

そして月日は流れ、ナヴォイ劇場が完成してから20年後。

タシュケントの街はマグニチュード8の大地震に襲われた。

タシュケントの建造物の3分の2の建物が倒壊する中、日本捕虜たちが建てたナヴォイ劇場だけはほとんど倒壊することなく、避難場所として多くの人の命を助けた。

また、実はソ連時代、当時亡くなった日本人が眠る墓地をつぶし更地にするようにという命令が入った。

ソ連側は日本捕虜によってこの劇場が作られたことを隠蔽したかったのだ。

しかしこれに対しウズベキスタン側は「ここは日本人が眠っているのだから」と命令を無視し、日本人墓地を守った。

その後、当時さくらを見られず亡くなっていた日本人への思いも込め、各日本人墓地、近くの公園や大通りなど約1300もの桜の苗木が植えられることになり、現在でも季節になると美しく桜の花が咲き乱れている。

月日は流れ、永田行夫さんはナヴォイ劇場を訪問し、奥さんと一緒に公演を見に行ったという。

当時訪問した時には、ナヴォイ劇場が地震で多くの人の命を救ったことを知らずに後から知らされた。

その後2010年永田行夫さんは亡くなられました。

しかし、亡くなられる前まで当時一緒に働いた仲間たちから「隊長」と呼ばれ慕われていた。

永田行夫ナヴォイ劇場建設と桜公園の感動秘話とは!多くのウズベク人を救った知られざる日本人-おわりに


このようなエピソードがあったとは、日本では知らない人がほとんどなのではないでしょうか。

どんな理不尽で過酷な環境に置かれても、与えられた仕事を一生懸命手を抜かずに行う。

先人たちがこうして作ってきた道だからこそ、今日本は世界でも好意的に見られる国であるのだろうと改めて感じました。

このような日本人がいたことをもっと多くの人に知ってもらいたいなと思うエピソードでした。

スポンサーリンク



桧原桜物語(ひばるざくら)福岡県南区,現在も短歌が!土井さんの桜リレーは続いていた [エンタメ]

奇跡体験!アンビリバボーにて、福岡県で桜にまつわる奇跡の物語について取り上げられます。

それは、桧原桜物語(ひばるさくら)

福岡県では有名な話しのようで、現在でも語り継がれています。

そこで、今回は桧原桜物語(ひばるさくら)についてまとめるとともに、現在の桧原桜公園の様子も紹介します!

スポンサーリンク




桧原桜物語(ひばるざくら)名前も知らない同士がつないだ桜リレーとは


福岡県福岡市南区。

今から33年前の1984年、銀行員として働く土井さんは、通勤途中にある「桧原桜」を毎年楽しみにしていた。

しかし、ある朝9本ある桜のうち1本が伐採されているのを見つける。

道路の拡張工事で伐採されてしまい、残りもこの調子で切られてしまうのか。

そう残念がる土井さん。

土井さんは日中も桜のことが気になって仕方ない。

翌朝早朝に、まだみんなが寝静まっている頃、

土井さんは一遍の短歌に書き記し、その短歌を桜の木にくくりつけた。

「花守り 進藤市長殿

花あわれ せめては あと二旬 ついの開花を ゆるし給え」

残った桜は、つぼみをいっぱいにつけ、もうすぐ開花真近であった。

そんな桜が切られるのはかわいそう。

せめて、あと20日は最後に花が咲いて散るまでなんとか伐採を待って欲しい。

道路の拡張工事は必要だが、あと少しで桜は咲こうとしている。桜がかわいそう。

自分にはこれくらいのことしかできない。せめてもと思い、短歌を桜の木にくくりつけたのだった。

スポンサーリンク




土井さんが桜の木に短歌をはり、その場を去ったすぐ後、とある男性が桜のものを通り過ぎた。

当時、九州電力の社長だった川合辰雄さん。

川合さんも土井さんと同じように、切られる桜の木に心を痛めていました。

なんとかしたい。

その日川合さんは会社の部下の大島さんにこの話しをした。

大島さんはすぐに桜のすぐそばで行われている工事を見に行ったものの、この事業はとめるのは難しいと思った。

しかし、大島さんはあるアイディアが浮かぶ。

それは、知り合いの西日本新聞の記者・松永さんに桜のところに行くと面白い光景が見られると伝えた。

短歌がはってあることは、あえて言わずに松永さんのジャーナリスト魂にかけたのだった。

桜のもとを訪れた松永さんは、短歌がはってあることを新聞に取り上げる。

すると、この新聞の記事を見た福岡県市長の進藤一馬さんは、心を打たれ返し歌を書き桜の木に貼りに行った。

「桜花惜しむ 大和心の うるわしや とわに匂わん 花の心は 香瑞麻(かずま)」

たとえ市長である、私が止めたくても私情だけで大掛かりな工事はとめられない。

木は切られてしまうが、桜を愛するあなたの心は受け止めたという気持ちを託したのだった。

同時になんとか、花の命を延ばすことを考えた進藤市長。

当時の道路拡張工事を担当していた石井さんに伐採をなんとか桜が散るまで待てないか相談した。

その相談を受けた石井さんは、工事が延びることで予算も増えることでとても悩んだ。

しかし、なんとか桜を生かすために奔走し、元々あった池を埋めて、そちらに道路を作り、池側にあった桜も移すことに。

こうして、切られる運命だったひばる桜はこうして守られた。

お互いに名前も知らない同士がつないだ、心のリレーによって現在も桧原桜が咲き誇っている。

桧原桜公園には現在も短歌が!土井さんの桜リレーは現在も続いていた!


桧原桜のある、桧原桜公園では現在でも春になると桜満開の景色が楽しめます。

また、当時の土井さんと進藤さんの短歌が石碑として刻まれ残されています。

そして、桜が咲く時期になると、当時の名残として短歌が綴られた短冊が飾られ、桜をより一層美しいものとしています。

短歌が沢山

A post shared by @chocochocobabe on




また、この桧原桜(ひばるさくら)物語は、書籍としても語り継がれており、公園にはポストが設置され、本の感想を読んだ方などからの手紙が投函されるそうです。

土井さんが桜を守るために、綴った1枚の短歌がこうして現代でも続いているということはとても素敵ですね。

スポンサーリンク




キャロルブライアン現在顔面崩壊エイリアンから復活?日本でも扇風機おばさんになる危険性が!? [エンタメ]

「ザ!世界仰天ニュース」にフロリダの扇風機おばさんが取り上げられます。

扇風機おばさんと言えば、韓国に住むハン・ヘギョンさんという女性が、美しくなりたいあまりに美容整形依存症となり、自ら顔に食用油を注射し、顔がブルドックのように変形するという衝撃の姿が日本のメディアで放送されてきました。

顔だけが大きく腫れ上がり、体は細いまま。その容姿がまるで扇風機のようだったため「扇風機おばさん」と言われるようになったそうです。

さて、今回仰天ニュースで取り上げられるのは、アメリカ・フロリダに住むキャロルブライアンさん。

彼女も美しくなりたいと美容整形で顔に注射をしたところ、顔がエイリアンのように大きく腫れ上がり顔面が崩壊してしまいました…。

今回は、キャロルブライアンさんの整形の経緯から現在の顔について、また日本でも扇風機おばさんになる可能性があるようなので、あわせて紹介します。

かなり衝撃的な画像を掲載していますので、苦手な方はご注意ください!

スポンサーリンク




キャロルブライアン(フロリダ扇風機おばさん)美容整形でエイリアンに…美しかった顔面が崩壊の悲劇!


現在はアメリカロサンゼルス在住のキャロル・ブライアンさん(54)

以前は、南フロリダに住んでおり、とっても美人で自分の美貌にも満足していました。

整形前の顔がこちら

<キャロルブライアン整形前>
ca1.png
出典:https://www.youtube.com/watch?v=0-5FRO7Aihg

とっても美しいですね。

しかし30代に差し掛かり、年齢と共に目の周りのしわが気になります。

美容整形外科を訪れ、初めてボトックス注射を打ちます。効果は劇的に見られ、キャロルも満足。

月日は流れ、キャロルブライアンさんが47歳の時。今度は頬と額にしわが気になり始め再び美容整形を訪れます。

訪れた美容整形医に勧められ、頬と額にフィラー注射(シワに注射する充填物)を打ちます。

ところが…

術後、キャロルブライアンさんの顔は目が開くほどもできないくらいパンパンに腫れ上がってしまいます。

実はこの時キャロルブライアンさんが打たれたフィラー注射には、使用できないはずのシリコンを混ぜられて注射されてしまい、このような副作用が起きてしまったことが原因でした。

その後も顔は腫れ上がったまま、激しい痛みもあり医療機関に助けを求め、矯正手術が行われるものの状況は改善されず、4年が経過。

顔の状態は益々悪化していき、元の美しい顔とは程遠いエイリアンのような顔になってしまいました。

その時の画像がこちら

<整形後>
ca2.png
出典:https://www.youtube.com/watch?v=0-5FRO7Aihg

キャロルブライアン現在は顔面崩壊から驚きの復活!


外出もできなくなり家に引きこもる毎日になったキャロルさん。

その様子を見ていた、娘のソフィアさんが母の写真と全米の病院に送り助けを求めました。

依頼を断る手紙も多く、諦めかけた時、一人の医師から手術を引き受けたいとの連絡が。

その人物はUCLAカリフォルニアクリニックのレーザー・ジャラフィ医師でした。

ジャラフィー医師の手によって、元の顔までは戻せなかったものの、人前に出ることができるほどにまで改善することができました。

その画像がこちら

<現在の顔>
ca3.png
出典:https://www.youtube.com/watch?v=0-5FRO7Aihg

かなり改善されましたね。

キャロルブライアンさんは、フィラー注射により顔面が崩壊してしまい、その後受けた矯正手術により失明してしまったそうです。

しかし、現在では元気に家族と笑顔で過ごされています。

日本でもフィラー注射による美容整形事故が多発!?扇風機おばさんになる危険性が!?


実はキャロルブライアンさんのようにフィラー注射での美容整形事故は海外の話しに限ったことではありません。

近年、日本でもメスで切らない、注射でプチ整形というものが流行っています。

顔にメスを入れるのは抵抗があるけど、注射であれば気軽にできると美容整形への敷居が低くなっています。

しかし、実はこのプチ整形の時に使用される「フィラー注射」による事故が日本でも多発しています。




フィラー注射に使われる薬剤は海外からの輸入品が多く、実は美容目的の薬剤は厚生労働省が承認していないものも含まれています。

つまり、安全な薬品かどうかわからないものも含まれているという危険性があるということです。
(もちろんフィラー注射全てが悪いというわけでは決してありません)

フィラー注射は液体であり、一度顔に入ったら取り除いたりするのは、とても難しいのです。

実際に日本でも、鼻を高くするためにフィラー注射をした女性が、後遺症により左目を失明、皮膚が壊死したという事故も起きています。

また別の女性も鼻にフィラー注射を行い、その後異変が起こり結果的に鼻の一部を欠損してしまったそうです。

きちんとした病院で受ければこういった被害は抑えられると思います。

もし美容整形を受ける場合はきちんと信頼のできるお医者さんを見つけ、プチ整形といえど、慎重に施術を受けるようにしましょう。

キャロルブライアン現在は顔面崩壊から驚きの復活!日本でもフロリダ扇風機おばさんになる危険性が!?-おわりに


今回はキャロルブライアンさんの美容整形の経緯と現在の姿、また日本でもフロリダ扇風機おばさんになる危険性もあることについて、紹介しました。

美しくなりたいと思うばかりに招いた悲劇。

これは決して海の向こう側の外国の話…ではなく、日本でも起こりえる可能性がある事故です。

もしプチ整形を考えられている方は、顔は一生ものですから慎重に受けるようにしましょう。

スポンサーリンク



本多有香(犬ぞり師)経歴や収入源は?偽装結婚未遂や過酷な生活が凄い! [エンタメ]

人気番組「クレイジージャーニー」に犬ぞりレースのマッシャー(犬ぞり師)として活躍する本多有香さんが出演。

本多有香さんは、犬ぞりレースにに魅せられ何のつてもなく英語も話せないまま、単身カナダに移住し、極貧生活と過酷な下積みを重ね16年。

世界一過酷な犬ぞりレース「ユーコンクエスト」で日本人女性初の完走者となり、その偉業が称えられ2015年には冒険家たちの憧れでもある「植村直己冒険賞」を受賞。

今回は、クレイジージャーニーに出演されるとのことなので、本多有香さんにスポットを当ててみました!


スポンサーリンク





本多有香(犬ぞり師)の経歴や年収(収入源)は?


まずは本多有香さんの経歴プロフィール情報から紹介します。

名前:本多有香

年齢:45歳

生年月日:1972年

出身地:新潟県

最終学歴:岩手大学農学部

本多有香さんは、大学卒業後、新潟県土地改良事業団体連合会にて女性第1号の技師として勤務していました。

しかし、大学3年生の時にカナダのイエローナイフにオーロラを見に行った時に、アラスカンハスキーがそりを引いているのを見てオーロラより感銘を受けます。

その後、一旦は就職したものの、どうしても犬ぞりレースのことが忘れられず、2年半で退職し単身カナダへ。

当時は、英語も話せず、何のつてもないため、カナダの観光局に行き、ベテランのマッシャーを紹介してもらい、犬のお世話係りとして働き始めたそうです。

しかし、働くと言ってもお給料がでるわけではなく、食費と住むところを提供してもらい、朝から夜遅くまで働きながらマッシャーのことを学んでいったそうです。

カナダといっても、街中に住むのではなく大自然の山の中にコテージを作り生活をし、お給料が出なくてもお金を使うことがなく、1日中犬ぞり生活漬けの日々。

こうして過酷な下積み生活しながらマッシャーのことを学び、2006年から犬ぞりレース「ユーコンクエスト」に挑戦し、2012年に日本人女性初の完走という偉業を成し遂げます。

本多有香の収入源は?


これまでクレージージャーニーでも数々の冒険家たちが登場してきましたが、いつも気になるのは冒険の費用はどうしているのだろう…ということ。

実績を残し、有名になってくればスポンサーなどがついて活動費となるかもしれませんが、スポンサーをつけるのはなかなか難しいかと思います。

本多有香さんの場合、犬ぞりレース「ユーコンクエスト」に挑戦し続けているわけですが、このユーコンクエストは出場するのに、なんと約200万円ほどの費用がかかるそうです。

優勝すれば優勝者のみに賞金300万円もえらえるわけですが、優勝しなければゼロ…。

しかも、レースに出場するまでの練習や犬たちのエサ代など出費がかなりかさみます。

本多有香さんは、そういった費用をどうやってまかなっているのかと思い調べてみたところ、現在は「ペンキ屋」の仕事をしているそうで、ここ3年くらい練習やレースがない時はされているそうです。

つまり、本多有香さんの場合、スポンサーがついていないため、生活費や犬のエサ代、レースにかかる費用などは、全て自分で稼いでまかなっているそうです。

決して楽な生活ではなく、自ら森を開拓し、小屋を作り、電気や水道、インターネットもないという生活を現在でもされておりぎりぎりの生活をされているそうです。

また、冒険家の方たちとえいえば、本を出版したり講演活動をされて活動費を稼いでいる方も多いですが、本多有香さんの場合は、興味はありつつも、そういったこと活動はされておらずに、地道にこつこつと稼いで全てを犬ぞりのために捧げています。

これは、なかなかできることではありません。凄い…!

本多有香(犬ぞり師)偽装結婚の過去?


さらに、本多有香さんについて深く調べていると「偽装結婚」の噂が!

噂というより、これ本当に実行する寸前だったそうなんです。

海外に住むとなればビザが必要になり、期限があります。

2006年初めてのレースに参戦することになった本多有香さんですが、これまで観光ビザでカナダにはいていたようですが、もっと長く滞在したいという思いが強くなり、永住権取得のために偽装結婚まで考え、書類まで用意し実行寸前だったそうです。

結局、偽装結婚はせずに現在は永住権が取れたそうですので、偽装結婚しないでよかったですね(笑)

また、現在結婚されているのか気になって調べてみたのですが、正式には公表されていません。しかし、犬ぞり生活一色という感じなので、おそらく現在もされていないか、もしくは同じ犬ぞりをされている恋人がいるのではないかなと思われます。

本多有香(犬ぞり師)が挑戦するユーコンクエストとは?


本多有香さんが日本人で初めて完走した犬ぞりレース「ユーコンクエスト」

犬ぞりレースといえば、犬がそりをひいて走るものですが、このユーコンクエストは世界最大級の犬ぞりレースとして知られています。

レースと言えば、1日で短時間で終るようなイメージですが、1600キロもの距離をなんと約10日間ほどで走るというもの。

1600キロといえば、東京から沖縄に匹敵する距離です。

平均気温マイナス13度という極寒の中、犬と共に凍った大事を疾走し、レース途中にも数々のハプニングが待ち受けていたりと、その過酷な状況からリタイアする人も多く完走すること自体が難しいと言われています。

本多有香(犬ぞり師)経歴年収(収入源)は?偽装結婚の過去?-おわりに


今回は犬ぞり師(マッシャー)の本多有香さんについて紹介しました。

電気も、水道も、お金もない、ただひたすらにそこにある夢だけを追って生きる本多有香さん。

物凄く過酷な生活をしてきて、現在でも大変なのでしょうが、犬ぞりレースに人生の全てをかけるそのひたむきな姿はとても真似できない、まさにクレイジージャーニーだと強く感じました。

これからも夢を追い続けて頑張って欲しいですね。


スポンサーリンク



佐久間由衣妹もモデルデビューでViViに?佐久間彩由彼氏ようたとのインスタが可愛い [エンタメ]

2017年4月からスタートした朝ドラ「ひよっこ」にてヒロイン・みね子の親友で、女優を目指す時子役を演じている佐久間由衣さん。

あの美女は誰だろうと気になっている方も多いのではないでしょうか。

佐久間由衣さんは、ひよっこが女優として4作品目。

これからブレイクが期待されている女優さんなのです。

朝ドラといえば、脇役を務めた女優さんが次々とブレイクしていきますからね。

佐久間由衣さんも、グングン知名度を上げていかれるかと思います。

さて、そんな今後がとても楽しみな佐久間由衣さんですが、「彩由(あゆ)さん」という妹さんがおり、佐久間由衣さんに似ていて、とても美人なんです。

妹の彩由さんは、芸能活動はされていないようですが、インスタやツイッターなどからモデルデビューのオファーが殺到しているんだとか。

2017年4月からは雑誌ViViにも登場されるようなので、佐久間由衣さんの妹・彩由さんに着目してみたいと思います。

さらに、彩由さんにはようたさんという彼氏がおり、インスタでのラブラブ写真が掲載されています。

彼氏ようたさんとのラブラブインスタ画像もとっても可愛い!とじわじわと話題になっているようなので合わせて紹介します。


スポンサーリンク





佐久間由衣のプロフィール情報を簡単に!


まずは、お姉さんの佐久間由衣さんについて、まだご存知でない方も多いかと思いますので、基本的なプロフィール情報を紹介します。




名前:佐久間由衣


年齢:22歳


生年月日:1995年3月10日

出身:神奈川県

所属:プラチナムプロダクション

2013年雑誌「ViVi」のモデルオーディションに応募しグランプリに選ばれる。

モデルをしながら女優業にも挑戦し、映画「人狼ゲームビーストサイド」にてスクリーンデビュー。

朝ドラ「ひよっこ」には1293人の応募者の中から選ばれたそうで、まさにこれからが楽しみな女優さんです。

佐久間由衣の妹もモデルデビュー?ViViGirlに選出される!


さて、そんな佐久間由衣さんですが、妹の彩由さんもとっても美人と話題になっています。

妹・彩由さんは、青山学院大学に通う現役女子大生。

akuma-ayu01.png
出典:https://www.instagram.com/p/BOzdfnJD_j6/?taken-by=ayuayu39saku&hl=ja

いやはや、めちゃくちゃかわいい…。

目と鼻筋が似ていますね。

青山学院に通いながら、ダンスサークルに所属し、結構アクティブに活動されているようです。

公式インスタやツイッターなどから、モデルの依頼が殺到しているそうですが、学校のテストがあると断っていたそうです。

しかし、テストもひと段落したのか、2017年4月からお姉さんの佐久間由衣さんがモデルとして活躍していた雑誌「ViVi」にて「ViViGirl」として参加することが発表されています。
http://www.vivi.tv/topics/2017/04/3922/

ViViGirlとは、ViViの専属読者モデルのことです。

読者モデルから芸能界入りする人も多いですし、もしかしたら本格的に芸能活動をされるのでしょうか。

広瀬アリスさん、広瀬すずさん姉妹のように、姉妹で芸能界で活躍する日も近いかもしれません。


スポンサーリンク





佐久間由衣の妹・佐久間彩由彼氏ようたとのインスタ画像が可愛い


さて、そんな今後が楽しみな佐久間彩由さん。

彼氏ようたさんとのラブラブインスタ画像も可愛い!と話題になっているようです。

姉の佐久間由衣さんは、人気俳優・綾野剛さんとの熱愛が話題となりました。

妹の彩由さんは、ようたさんという彼がおり、交際期間はもう1年近くになるようです。

インスタでもとってもラブラブな画像を公開しており、とっても可愛いんです。

画像がこちら↓
ayu-sakuma02.png
出典:https://www.instagram.com/p/BG1xVxhLxtJ/?taken-by=ayuayu39saku&hl=ja

美男美女…!

ayu-sakuma03-1.png
出典:https://www.instagram.com/p/BNwnjj5DrKE/?taken-by=ayuayu39saku&hl=ja

ラブラブ過ぎる…!

美男美女カップルなので画になりますね。

ちなみに彼氏のようたさんもダンスをされており、歌もうまいとのこと。

イケメンでダンスも歌もできるだなんて、完璧すぎじゃないですか…。

彩由さんもダンスをされていますし、ダンスつながりで交際に発展したのかなと思われます。

ホワイトデーには花束をくれる素敵な彼氏のようです。

仲良さげな雰囲気が伝わってきますね。

佐久間由衣妹もモデルデビューでViViに?佐久間彩由彼氏ようたとのインスタが可愛い-おわりに


今回は、佐久間由衣さんの妹・佐久間彩由さんに着目してみました。

とっても可愛い妹の彩由さん。

今後もしかしたら、姉妹でテレビ出演などもあるかもしれませんね。

ぜひ共演しているところを見てみたいですね。


スポンサーリンク



前の10件 | - エンタメ ブログトップ