So-net無料ブログ作成
検索選択
ツバキ文具店鎌倉代書屋物語 ブログトップ

ツバキ文具店2話あらすじネタバレと感想!鳩子が依頼された離婚のお知らせの手紙とは? [ツバキ文具店鎌倉代書屋物語]

NHKドラマ10にて放送の「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」のネタバレあらすじについてまとめています。

前回までは…

主人公・雨宮鳩子(多部未華子)は鎌倉にある代筆屋「ツバキ文具店」で、代書屋を生業とする祖母・カシ子(賠賞美津子)に厳しく育てられた。

厳しい稽古の反動からか、高校を卒業し鎌倉を逃げるように上京したものの就職に失敗し、しばらく海外で働いていた。

しかし、カシ子が亡くなったことをきっかけに8年ぶりに鎌倉に戻ってくる。

葬儀が終わったら店と自宅は閉めて売りに出そうと思っていたが、無理やり頼まれた初めての代書屋としての仕事が鳩子の心を動かし、後を継ぐことに。

こうして不安ながらも鳩子の代書屋としての人生が始まる。

というストーリーでした。

代書屋として歩き出した鳩子、どんな依頼が待ち受けているのでしょうか。

今回は、ツバキ文具店2話あらすじネタバレと感想についてまとめてみました!

スポンサーリンク




ツバキ文具店2話あらすじネタバレ【前半】


「ツバキ文具店」継ぐことにした鳩子(多部未華子)だったが、これでよかったのかと自問自答していた。

朝早く、小学生がシャープペンシルを買い求めて店にやってきたが、祖母の信条によりシャープペンシルは置いていない。ふてくされて帰っていく小学生の後、鎌倉で観光ガイドをやっている白川清太郎(高橋克典)がやってきた。

和風のレター用紙を買いに来て、鳩子に代書屋の仕事はどうかと尋ねる。しかし、代書の仕事は最初に引き受けてから新しい依頼は入っていない。

そんな不安もあってか鳩子はこれから先、代書屋の仕事を引き受けるかどうかわからないと迷っていた。

「人の手紙を書くって簡単な仕事ではないと思い知ったから。」「それがわかっているようであれb大丈夫じゃないかな」と励ます白川。

その時、代書の仕事をお願いしたいという一人の男性・三津田(高橋和也)が訪ねてくる。

依頼の内容とは「離婚の知らせ」だった。

三津田は、妻と離婚することになり、お世話になった人に報告とお詫び、お礼を兼ねて夫婦連名で手紙を出したいという。

その依頼内容に驚く鳩子。

三津田夫婦はインテリアコーディネーターとして、二人で事務所を運営していた。しかし、2ヶ月ほど前に妻から「好きな人ができた。別れてその人と暮らしたい」と言われたという。

三津田は、原因は妻だけのせいじゃない。妻が別の人に向いた原因は僕にもある。仕事も一緒にやってきたし、共通の友人も多い。終わりよければ全て芳という形にしたいと穏やかに鳩子に依頼してきた。

鳩子は依頼を引き受け、妻に会いたいとお願いするが、既に相手の人と沖縄の離島で暮らしていると告げられる。

しかし、三津田は妻から手紙にはシーリングスタンプという手紙に封をするものを使って欲しいとだけ言われていた。

そのシーリングスタンプには「W」の文字が入っており、妻の旧姓のイニシャルだった。

三津田が帰った後、鳩子は三津田の言葉を思い出していた。

「僕たちが幸せな結婚生活を送っていたことはきちんと書いて欲しい。円満離婚ですから」「円満離婚…」その言葉が鳩子の胸にひっかかっていた。

鳩子はもっと二人のことについて知りたいと三津田に電話し、事務所に行く約束をした。

電話の後、一人の女性・楠木帆子(片瀬那奈)が慌てて入ってきた。

帆子「ポストに間違って手紙を投函してしまって。朝から郵便屋さんが来るのをまっていた…
ぎりぎりで…。」

鳩子「ぎりぎりって?」

帆子「父が危篤で…、昨日の夜実家の大分に戻ってくるように言われて、羽田からもう飛行機に乗らないといけないのに。」

と慌てて言う帆子。

帆子は、数ヶ月前様態が悪くなった父に花嫁姿を見せたくて、プロポーズしてくれた男性についOKの手紙をだしてしまったという。

そして鳩子に自分の代わりに手紙を回収しておいて欲しいと言い、鳩子は慌ててポストのある場所に行った。

やがて郵便局員が来て、手紙を返すようにお願いしたものの、郵便局に本人が行かないと返せないと言われてしまい手紙を取り戻すことはできなかった。

留守電に事情を説明しようとすぐに帆子に連絡したがつながらない。

その日の夜、ようやく帆子から連絡がつながったが、父が亡くなったからもう手紙はそのままでいいです。と告げ、落ち着いたらまた連絡すると言い電話が切られた。

「仕方ないか…」

そうつぶやいた瞬間、鳩子はカシ子に言われたことを思い出していた。

子供の頃、庭にある文塚という手紙のお墓の掃除をせずに怒られてた。鳩子は宿題に時間がかかったから仕方ない、明日掃除すれば大丈夫かと思ったと祖母に話すと、「約束は1度引き受けたら最後まで絶対にやり遂げること。仕方ないで流してたら誰からも信頼されなくなる」と言われた。

鳩子は祖母の言葉を思い出し、自分にできる限りのことをしようと決心していた。

翌日、帆子が手紙を出した婚約者の相手の自宅に行きポストを覗き手紙を探す。偶然にも婚約者の男が現れ、ポストに入った手紙を返してほしいと言うが、結局返してもらえなかった。

三津田との約束の時間となり、鳩子は三津田の仕事場である事務所に行き、二人の写真を見せてもらう。

そして妻が使って欲しいと依頼してきたシーリングスタンプを取り出し、今使う人は少ないため何か特別な思い出があったのか問いかける。

そのシーリングスタンプはイタリアに二人で行った際に購入したものだという。

実は、三津田は夕方にサプライズで妻にプロポーズする予定だったため、妻がシーリングスタンプを選んでいる時に、早く買うようにせかし妻を怒らせてケンカになってしまった。結局、プロポーズは結局できずに日本に帰ってからしたという

「一生かけて幸せにすると。でも約束は果たせなかった。」

またもや自分を責める三津田だった。


鳩子は一通り資料を見せてもらい隣の部屋で仕事をしていた三津田に声をかけようと覗いた。しかし、夫は何かを思いつめる表情で外を眺めていた。

スポンサーリンク




ツバキ文具店2話あらすじネタバレ【後半】


近所の魚屋で魚を購入する白川。白川は離婚し実家に戻り母と暮らしていた。

母のいる自宅に戻った白川。

しかし、母はティッシュを部屋中に散らかしていた。

そして「手紙…。ポストに手紙届いていないか」「手紙はきていないよ…」そう答えティッシュを片付け始めた。

バーバラ婦人とレストランで夕食を食べる鳩子。

そこにレストランのシェフが、バーバラのおかげで欲しかった絵を手に入れることができたとお礼を言いに来た。バーバラ婦人は画商の仕事をしていたのかと尋ねる鳩子。

バーバラ婦人は昔、パリに暮らしており、絵を買いたい人に仲介をしていたという。

「私にとってパリは人生のすばらしさや厳しいことも教えてくれた街。離れてみるととても愛おしい
街も人も」

その言葉を聞いて、鳩子は自分にはそんな風に思える街はなかったと考えていた。

帆子の手紙を取り返すことができず、三津田の手紙もどう書いていいかわからなかった。三津田の心の奥にはもっと複雑な感情があり、本当の気持ちを知りたい。

その時カシ子に言われた「心がまっすぐであれば自然と筆は動く。それが代書屋だ」という言葉を思い出していた。

しかし、鳩子は手が動かず書けずにいた。

庭の手紙のお墓に手を合わせる鳩子。

店先を掃除していたところカフェの子供・はーたん(新津ちせ)がやってきた。はーたんは鳩子に会いたくて店にやってきて、鳩子に手紙を書くといい、幼稚園に行った。

はーたんが後、店の掃除をしていると帆子がやってきた。

鳩子が帆子の婚約者の家まで手紙を取り戻しに行ったことを知っており、婚約者の方からプロポーズは取り消してくれ、私の気持ちを察してくれたのだろうと鳩子に告げる

そして、春子は気持ちを切り替えて婚活をするという。

帆子は父が亡くなる間際に母の手を握り「ありがとう」という姿を見て、自分もそう思える人生の伴侶を見つけたいと思ったという。

「人生の伴侶」その言葉を聞いた鳩子は離婚の手紙を依頼してきた三津田のことをに話し始める。

「円満離婚だと、そんなにあっさり言えることなのかな。奥さんを責めないのは自分を責めているからじゃないか。そう思っていたら前に踏み出せなくなるだけなのに…」

と帆子は言う。

「大人って余計なところばかり見て肝心なところは見逃しているなと思う」

帆子のその言葉が印象的だった鳩子。

翌日、鳩子は再び三津田に会いに行く途中で、男爵と呼ばれている男(奥田英二)ばったり道で会う。

男爵「店を継いだそうだな」

鳩子「そんな継ぐとかたいそうなものではないですが」

男爵「お前には勤まらんだろうな。」

カシ子は偏屈だったが商売は手堅かった。遊びほうけていたお前とは違うからと言われ鳩子はいらついていた。

鳩子は男爵が昔から苦手だった。

子供の頃から、何を話すと言うわけでもないが時々店に来ては鳩子のことをハトぽっぽと呼んだ。

ああいう人には関らないと思う鳩子だった。

スポンサーリンク




鳩子は、三津田が夫婦共同でデザインしたモデルルームにきていた。

家族の顔が見える家にしたいという思いを作ったと説明した。

鳩子は「自宅もそういうデザインなのか」と聞くが、男の顔が変わり、「そういえばうちもそういうコンセプトで作ったんだな。でも彼女の顔全然見ていなかった…」と暗い表情でいった。

そして「いい夫ではなかったのでしょうか。仕事でもプライベートでも彼女のことを尊重していた。
彼女のことを愛していた、一生かけて幸せにすると言ったのにそれができなかった」と自分のことを責めていた。

今まで僕がしてきたことは何だったんだ、間違っていたのか、こんな気持ちのまま手紙を出すべきでないのかもと、考える時間をほしいと鳩子にお願いした。

翌日、はーたんの父・守景蜜朗(上地雄輔)がやっているむぎカフェにやってきた鳩子。

鳩子が持っているシーリングスタンプを持っているのを見て守景は見せて欲しいと言い、手渡す鳩子。

すると、シーリングスタンプのイニシャルがWだと思っていた文字が実はMだと気づいた。

翌日、三津田から手紙を出すのはやめると告げられ、鳩子は、シーリングスタンプはWではなく、Mだと告げる。

「これは三津田のMではないか。奥様はプロポーズされる前から自分がみつたになる前にそのスタンプを駆ったんじゃないですか。それは奥様にとって特別な記念の品だったんじゃないかなって。

もしも奥様が三津田さんとの結婚を不幸せで人生の汚点だと思っていたら、それを使わないはず。三津田さんのことが好きで結婚したいと思ってた時に買ったものを。

写真の中の奥様すごく幸せそうで、たくさん笑っていた。

三津田さんは奥さんを幸せにできなかったと言っていたが、幸せな時間はあったと思います。
汚点だなんて言ったら奥様に失礼です。

書かせてください。みつたさんの手紙心を込めて。」

そう鳩子は三津田に言った。

鏡の前にたつ鳩子。

今回の手紙は100人を越える人に一斉に送る手紙、

鳩子は緊張していた。

髪をまとめ、白い服に着替える。

まずはパソコンを使って内容を整理する。

こういう場合はぶっつけ本番の臨場感よりもゆっくり言葉を選ぶ必要がある。

毛筆で書いたものをコピーする手もあるが、今回は活字で綴ることにした。

ある程度お金をかけてでも印象に残る誠意のある手紙にしたいという三津田の気持ちを汲み取り、鳩子は活版で丁寧に文字を刻んだ方が相手に伝わりやすいと考えた。

切手は15年前二人が結婚した時のものを取り寄せた。

印刷所から文面が仕上がってきたら宛名書きを始める。

道具は万年筆。

インクは灰色の雲というインクを一晩ふたを開けたまま放置する。

水分を蒸発させてインクの色を少しだけ濃くして控えめな印象に仕上げる。

そして、大切な二人の区切りになるシーリングスタンプ

奥さんはこれで封をすることで自分たちの結婚生活にピリオドを打とうとしている。

赤い蝋をたらし、シーリングスタンプをおす鳩子。

「これは、三津田さん夫婦の修了証書。新しい世界に行くための印なんだと思う。」

こうして手紙ができあがった。

スポンサーリンク




お世話になった皆様へ。

鎌倉の空は深く澄み渡り、さわやかな季節となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私たちが鎌倉で式を挙げてから十五年が経ちました。思えば、あっという間でした。

あの日、皆さまの前で夫婦になれたことは本当に幸福な出来事だったと思っております。

平日は、ともに仕事に勤しみ、週末は愛犬ハンナと共に海に行き、趣味のカメラを楽しんだりと、夫婦で平凡な幸せを味わいました。

さて、今回は皆さまに残念なご報告をしなければなりません。

今月末をもちまして、私どもは夫婦関係を解消し、離婚することに至りました。

なんとかこのままふたりで一緒にいられる方法はないものか、お互い時間をかけて話し合いました。

幸せの結末が訪れるよう、最善の道を模索したつもりです。

ですが、互いに自分らしく生きるため、

結果として、これからは別々の道を歩むという結論に至った次第です。

これからは、お互いに第二の人生を一歩引いたところから応援しようということになりました。

これはふたりがより幸せな人生を送るための勇気ある決断だと思って、いただけると、幸いです。

これまでたくさんの優しさや愛情をかけてくださり、本当にありがとうございました。

皆さまとは、これからもそれぞれご縁を繋いでいきたいというのが共通した願いでもあります。

いつかまた、笑顔で今日という日を語り合えますよう。

これまでの感謝の気持ちを込めて。

秋冷の加わる季節、お体にはくれぐれもお気をつけください。

三津田桂司 綿貫梨香
====

三津田が手紙のお礼に鳩子のもとにやってきた。

離婚の知らせはインパクトがあったようで、送った人から電話や手紙で沢山励まされたという。

そして手紙を見た元妻からも連絡があったという。

「あなたと結婚してよかった。ありがとう」

と電話口で妻は泣いていた。

「お互いありがとうで終ることができたのは雨宮さんのおかげです。雨宮さんに手紙を頼まなければ彼女を幸せにできなかった罪悪感を引きずったままだった」

そして、離婚したことはマイナスではないここからが新しい始まり。鳩子の手紙のおかげで前を向くことができたと告げた。

鳩子は私がしたことなんて些細なこと。ただ手紙を書いただけ。一人前の仕事には程遠い。そう思いながらも手紙を書くことが楽しくなり始めていた。

ツバキ文具店2話あらすじネタバレと感想!


離婚の手紙だなんて何かどろどろした裏があるのか…と思いきや、むしろ妻の身勝手さえも受け入れる大きな夫の愛の話しでもあり、とても感動的でした。

最近不倫やなんやらというニュースが多い中、こういうドラマは本当にほっこりしますね。

今回も手紙の部分はとても丁寧に描かれていて、代書屋の仕事をより深く知ることができます。手紙を書くといっても、万年筆やペンでただ単に書くのではなく、手紙によってインクも字も書き方も全て違う。

こういう世界があること自体を知らない人も多いかと思いますので、このシーンだけでもかなり楽しめますね。

次回はどんな依頼人が来るのでしょうか。

代書屋として鳩子がどんな風に成長していくのは目が離せませんね!

スポンサーリンク



ツバキ文具店1話ネタバレあらすじと感想!多部未華子がはまり役! [ツバキ文具店鎌倉代書屋物語]

NHKドラマ10でスタートした「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」のネタバレあらすじについてまとめています。

古都鎌倉を舞台に、代々受け継がれてきた代筆屋を継ぐことになった主人公・鳩子(多部未華子)

原作は2017年本屋大賞にノミネートされた小川糸さんの「ツバキ文具店」です。

今回は、ドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」の1話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました!


スポンサーリンク





ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語1話ネタバレあらすじ(前半)


2016年10月鎌倉。

主人公・雨宮鳩子(多部未華子)は祖母・雨宮カシ子(賠賞美津子)が亡くなり葬儀のため8年ぶりに鎌倉に戻ってきた。

鳩子が生まれ育った鎌倉にあるツバキ文具店。

祖母・カシ子は、自分では書けない手紙をその人に代わって書く代筆屋を生業とし毎日書き続けていた。

鳩子はカシ子と確執があり、家を飛び出すように出て行ったため葬儀が終ると、この文具店は売り払うつもりでいた。

翌日、久々に戻った鎌倉の家で、台所で懐かしい張り紙を見つける

「春苦み、夏は酢の物、秋辛み、冬は油と心して食え」

「こんなものまだ貼ってあったんだ」

剥がそうとしたが手を止めた。

ふと庭に出た鳩子は、隣の家の玄関先で外国人男性と抱き合っているバーバラ婦人(江波杏子)を見かける。

バーバラ婦人は鳩子に気づき、ボーイフレンドがマカロンくれたからお茶でも一緒に飲みましょうと鳩子を誘い、バーバラ婦人にお茶を飲みながら自身のことを話し出す。

鳩子は最近までインドネシア・バリ島に行っていた。

高校を卒業し、東京でデザイン学校に通っていたが就活に失敗。

バイトでためたお金で海外に逃げ出し、それから8年間祖母とも疎遠だった。

バーバラ婦人はは5年前にここに越してきており、お隣同士仲良くなれたら楽しいわねと伝えるが、ツバキ文具店は閉めて売ることにすることを告げる。

寂しそうな顔をするバーバラ婦人は、鳩子の庭にある素敵なツバキが着られてしまうなんて悔しい気がすると残念がった。

バーバラ婦人とお茶をした後、サイダーのような水玉のワンピースを来た一人の年配の女性・マダムサイダー(冨士眞奈美)が鳩子の元を訪れる。

マダムサイダーは、カシ子がなくなる直前にお悔やみの代書を依頼していた。

マダムサイダーはカシ子の代わりに鳩子に手紙を書くことを強引にお願いし、鳩子はしぶしぶ引き受けることに。

その手紙は、マダムサイダーの知人である砂田夫婦が、子供ができずに引き取って育てていた権野助さんが心臓に持病があり最近亡くなってしまったということ。

とっても愛情を注ぎ、権野助はとっても賢い坊やだったのに…と残念がるマダムサイダー。

鳩子はてっきり息子さんが亡くなったのかと思って、写真を見たところ、権野助さんは実は猿だった。

驚きながらもマダムサイダーに心をこめてお願いねと強引に押し付けられ、鳩子は引き受けてしまった。

雨宮家は江戸時代から続く由緒正しき代書屋の家系だった。

古くは右室(ゆうひつ)と呼ばれた職業で、やんごとなき身分の人やお殿様に代わって手紙の代筆をすることを仕事にしてきた。

雨宮家は代々女性が家業を継ぎ、カシ子が10代目で鳩子が11代目。

「何が11代目だよ…」

鳩子はそうつぶやき、マダムサイダーに依頼された、権野助さんへのお悔やみの代筆について「ペットのお悔やみながら私でもなんとかなるかもしれない」

と、軽い気持ちで考えていた。

お昼を食べにでかけた際、ツバキ文具店によく出入りしていた白川清太郎(高橋克典)に再会する。

白川は観光ガイドを始める時、祖母に相談し世話になっていた。

白川は、ツバキ文具店を残して継いで欲しいと訴えるが、鳩子はきっぱりと「店は継ぐつもりはなく、家も売るつもりだ」と断る。

鳩子はこの家にいい思い出がなかった。

「これはお前が赤ちゃんの時の産毛で作った筆だ」

「人様に代わって手紙を書くのだから字が上手くなければ話しにならない。この筆で稽古に励みなさい」

幼い頃、カシ子に筆を渡された。

最初はわくわくして稽古を始めたものの、祖母の指導は筆の持ち方や墨のの説き方、字の書き方、姿勢までと、かなり厳しい稽古だった。

高校生の頃、休みの日に友達と遊びに行くこともできずに不満が溜まり爆発した。

鳩子「こんなのインチキ。人の振りして手紙を書いて全部でたらめ、うそっぱち」

カシ子「インチキで結構。でも手紙を書きたくても書けない人もいる。書けない人のために代書屋がある。代書屋は影武者。誰かの幸せのために必要な商売なんだよ」

鳩子「何が誰かの幸せのためよ!何で私だけ他人の振りして書かなくちゃいけないの」

鳩子は筆を投げつけ、祖母ととっくみあいの喧嘩に。

鳩子「今ならわかる。母さんが私を置いて出て行ったのはあんたのせいだ。てめえの人生押し付けるな」

そう言い鳩子は、この日を境に、髪を染め濃いメイクをし、わかりやすい不良になった。


昔のことを思い出しながら歩いていた鳩子は、カフェの前で幼い少女に突然「いらっしゃいませ」話しかけられ、カフェに入っていく。

ひとりカフェの席についた鳩子の元に、店の子供・はーたん(守景陽菜/新津ちせ)が席に座り鳩子に手紙を書いてきた。

ほっこりしたひと時を過ごした鳩子はふと「私にもただ楽しくて手紙を書いていた頃があった。でもその楽しさを奪ったのは祖母だった。」

と自分の子供の頃を思い出す。

しかし、鳩子は海外でお金が尽きたとき、外国人に漢字を書いてチップで食いつないだこともあり、その時は、祖母の稽古に感謝をしないこともなかった。

とは言っても、鳩子は代書の仕事をするのはこれが最初で最後だと、マダムサイダーから依頼された手紙を書き始めた。

「これでいいか」

生半可な気持ちで書いた鳩子。

次の日、マダムサイダーに手紙を見せたところ、激怒されてしまう。

「可愛がっていたペットの死は、本当にお辛いものですよね。きっと権野助さんも天国で見守ってくれています」

マダムサイダーは手紙を投げ捨て、「もう一度やり直してちょうだい。客が気に入らないって言っているの、一度引き受けた仕事はやり遂げるのがプロの仕事よ」

とつき返されてしまった。

縁側で落ち込む鳩子に、その様子を見ていたバーバラ婦人が話しかけてきた。

「私なりに一生懸命書いたつもりだけど、怒られちゃって」

そう話す鳩子にバーバラ婦人は

「最愛の人を亡くした人にとって他人ができることなんて。何にもない。何かできるとしたら相手の心に寄り添うことだけ」

とアドバイスをする。


スポンサーリンク





ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語1話ネタバレあらすじ(後半)


翌日、権野助さんの親代わりをしていた砂田夫妻の家を訪ねる鳩子。

自宅の庭を覗いていると、砂田婦人と遭遇し、自宅に招かれ、鳩子に権野助のことを嬉しそうに話しだす。

その様子に「権野助さんはいらっしゃるんですか」と思わずたずねると、婦人は悲しみを思い出し、気を失いそうになる。

かけつけた婦人の夫に、権野助のアルバムを見せてもらいながら、婦人と権野助のことを聞く。

6年前、山で親とはぐれていた小猿の権野助と出会った。

心臓が弱く1年もつかどうかと言われており、施設に送るつもりだったが手離すことがことができずに引き取り、妻の献身的な看病のおかげで6年も一緒に過ごした。

子宝に恵まれなかった夫妻には自分たちの子供のように思えて大切に大切に育て、それはまるで親子のようだった。

子供のいない夫婦は権野助にであって初めて親になれたような気がしていたという。

砂田「権野助はいつだって笑わせてくれた。最後のときも権野助が手をたたくと私たちが笑うから苦しいのに一生懸命手をたたこうとして。権野助は私たちの天使だったんです…。」

そう涙をこらえて必死に権野助との思い出を語った。


自宅に戻った鳩子は砂田氏から聞いた話しを思い出していた。

その時、昨日お店で女の人に怒鳴られていたことを聞き心配して白川が訪ねてきた。

鳩子「祖母はどんな気持ちで人の手紙を書いていたんでしょう。私祖母が依頼された手紙を書くことになって、わが子同然のお猿さんがなくなった人に対してペット扱いする最低な手紙を書いてしまった。お客さんが怒るのも当然」

たかが手紙と思っていた鳩子。

白川「一通の手紙が人の人生を全く別のものに変えてしまうことがある。」

そう、カシ子がが言っていたことを告げた。


白川が帰った後、庭にある蔵に入った鳩子。

蔵は部屋にしまいきれなくなった、祖母の代書道具入れ、祖母の宝箱、

「その手紙にあった1番の道具を選んで身を清めて、まっさらな気持ちで筆を握る、お前の心がまっすぐなら自然と筆が動く。それが代書屋だ」

そう祖母に言われたことを思い出し、鳩子は、再度マダムサイダーの代筆をすることを挑戦する。

髪をまとめ、白い服に着替えた深呼吸をし準備をする。

不祝儀の手紙は決まりごとが多い。

お悔やみの場合、墨は普段とは逆に左周りにするのが決まり。

墨の色は濃くなってはいけない。

悲しみのあまりつづりに涙が落ちて薄まったと言う意味合いだ。

通常フォーマルな手紙には2枚が差ねの封筒、弔辞の場合は不幸が2度重ならないように一重を使う。

目を閉じてマダムサイダーの気持ちを考え書き始めると、誰かに操られているような不思議な感覚になった。

それがマダムサイダーだったのか、祖母だったのかはわからない。

しかし、無事に手紙を書き上げた鳩子は力を出し切ったかのようにその場に寝転んだ。

翌日、マダムサイダーに手紙を見せると、大喜びで大満足してくれた。

そして、マダムサイダーの初めてのラブレターをカシ子が代筆してくれ、その相手が今の夫になったと言う。

マダムサイダー「私はおばあさまの手紙のおかげで幸せな人生を送ってこられたのよ」

鳩子はふとあの言葉を思い出した。

「一通の手紙が人の人生を全く別のものにかえてしまうことがある」

あの古くて狭い部屋の中で、カシ子がそんな大それたことをしていたなんて、知らなかったことに気づく鳩子だった。

その後、鳩子の親戚が、自宅売買の件でたずねてきて手続きを進めようとする鳩子。

しかし、その家での祖母との思い出が蘇ってくる。

子供の頃、落書きをして怒られたこと、反抗期に取っ組み合いの喧嘩をしたこと。

家を出るときに、持っていなさいお金が入った封筒を渡されたが、投げ捨て逃げるように出てきたこと。

祖母との思い出を振り返る鳩子。

そして、鳩子はこの家を売るのをやめ、文具店を継ぐことを決意する。

こうして鳩子の代書屋としての新たな人生が始まった。

スポンサーリンク





ツバキ文具店鎌倉代書屋物語1話感想!


鎌倉を舞台のこのドラマはとても丁寧に描かれていて、見ていてほっこりするような内容です。

また第1話で登場した権野助さんへのお悔やみ状がNHKのホームページで見ることができます。
http://www.nhk.or.jp/drama10/tsubaki/html_tsubaki_story_01.html

代筆屋という一般的には、あまり馴染みがない仕事ですが、代筆する中でも一つ一つ決まりや作法があり、見ていてとても面白いドラマですね。

ユニークな登場人物に、多部未華子さんがまさにはまり役!

温かく深い営みの中で成長していく鳩子の姿が楽しみなドラマです。

第2話のあらすじ「幸せの終了証明書」~離婚を知らせる手紙の依頼


新米代筆屋として新たなスタートを切った鳩子の元に舞い込んだ依頼は「離婚を知らせる手紙を書いて欲しい」いうものだった。

離婚の原因は妻に他に好きな人ができたこと。

依頼人である夫から手紙に使ってほしいというシーリングスタンプを渡される。

しかし、実はそのシーリングスタンプには妻の思いが込められており、それに鳩子が気づいて…。

という展開。

第2話も楽しみです!

スポンサーリンク




ツバキ文具店鎌倉代書屋物語 ブログトップ