So-net無料ブログ作成
検索選択

黒革の手帖2話ネタバレあらすじと感想!楢林から5000万横取り&波子の店を潰す悪女っぷりがヤバイ [ドラマ]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。


武井咲さん主演ドラマ「黒革の手帖」のネタバレあらすじについてまとめています。

第1話が放送され、早くも武井咲の悪女っぷりが凄い!と話題になっているようですね。

~前回までのあらすじ~
母が抱えた500万円の借金を返済するため昼間は派遣銀行員として働き、夜は銀座「燭台」にて派遣ホステスとして働いていた元子(武井咲)

ようやく借金を返済したものの、コネで入行した正行員の不祥事を着せられ不当解雇にあってしまう。退職前に元子はかつてから東林銀行で内密に行われていた客の借名口座のリストから、自分の口座に1億8000万円もの大金を横領。

銀行側も脱税に加担したことから公にはできず、元子に全額返済しない念書を書かせ、1億8000万円もの金額を自分のものにすることに成功した。

資金を元手に銀座に「カルネ」(※フランス語で手帖を意味する)クラブをオープンする。

銀座のクラブのママとして次なる野望に向けて元子の次なる作戦が始まっていきます!

今回は「黒革の手帖」第2話のネタバレあらすじと感想についてまとめました。

第2話のラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク



黒革の手帖2話ネタバレあらすじ

東林銀行から横領した1億8000万円を元手に銀座クラブ「カルネ」をオープンさせた元子(武井咲)

銀座の若きママとして新たな道を歩み出し始めた元子は、偶然元同僚で派遣行員だった波子(仲里依紗)に再会する。

波子は元カレが作った借金のための派遣として別の仕事をしていた。元子は、何かあったら連絡してと名刺を渡した。

その夜、店に安島(江口洋介)が訪れる。

安島が秘書を務めていた大臣が亡くなり、時期選挙に自分が出馬するつもりだったが、大臣の未亡人が立候補するため身を引くと悩んでいた。

しかし、元子は諦めなければ夢は叶うと言ってくれたじゃないと安島を応援する。

カルネをオープンさせた元子だったが店の運営はギリギリだった。

後日、再び波子と再会した元子は、自分の店に連れていき、ホステスとして働かないかと誘う。

「水商売はやったことないし…」と渋る波子。しかし元子は「頑張った分だけ稼げるし、派遣だった頃には見向きもされなかったお客さんと対等に話せる。何事もお勉強」と言い、波子はとりえず借金返済までと働くことになった。

ホステスとして働き始めた波子を楢林(奥田瑛二)に紹介するとひと目で気に入る。

店を後にし、元子も一緒に3人で高級寿司屋へとアフターへに誘われる。寿司屋を後にし、楢林を見送る波子と元子。楢林は波子に送ってほしいとタクシーに乗せ、二人で夜の街へと消えていった。

楢林のクリニックでは、顔のしみしわ、などを取り綺麗になりたいという女性が訪れていた。

楢林は手術前に「あなたは今のままでも十分に美しい。それでもっと薄くしくなりたいならいくらでも相談にのる」と優しく語りかけていた。

カルネをオープンさせしばらく経った頃、安島が経済界のドン・長谷川(伊東四朗)を連れてカルネにやってきた。

波子はすっかり店に馴染んでいた。その様子をみて長谷川は元気があっていいね、誰かのパワーを吸い取っていかないともたないと弱音をこぼす。

まだお若いですよと言う元子。

長谷川は安島にお見合いの話しを持ちかける。選挙で未亡人に対抗するためには、協力の後ろ盾が必要だと言い、大手企業の電機メーカーの娘を紹介する。関連会社や工場などを考えると多くの票を見込めるというのだ。

他に心に決めた女性はいるのかと安島に聞くが、今は選挙に勝つことしか考えていないと答え、長谷川は見合いの話をすすめると言った。元子はどこか複雑だった。

スポンサーリンク



その頃、楢林クリニックでは中岡市子(高畑淳子)が厳しく節約するように後輩看護師に指導していた。仕事でもプライベートでも楢林に尽くしていた。

その夜、楢林は市子に、新病院のことについて話していた。財務省の役人を紹介してもらい、土地をただ同然に安く手に入れられるように考えていた。新病院は市子の夢でもあった。

二人で食事をしていると楢林は慣れないメールを始めていた。波子の存在に気づき始めた市子は複雑な心境だった。

その頃、波子は元子に御礼を言っていた。波子は「お金稼ぐのでこんなに簡単だったんだね」

元子は親密になっていく様子の波子と楢原が不安だった。

その後、元子の店にクラブ「燭台」のママ叡子(真矢ミキ)が大手自動車メーカーの豊島副会長を連れてくる。銀座の1番若いママに会いたいと元子に会いに来たという。帰り際ママは「私に内緒で来ちゃダメよ」と忠告した。

ママを見送って店に戻ると、店の奥で波子が他のホステスと喧嘩していた。波子は他のホステスの客と同伴したりアフターしたことが原因で激しく口論になっていた。

元子が止めに入り、波子とは私が話すからという元子。しかし波子は「自分らしいやり方を見つけろって言ったのはあんたでしょ」と言い、取っ組み合いのケンカが初めてしまう。

するとタバコの火がカーテンに燃え移り火事が発生。スプリンクラーが発動し、店中は水だらけとなり店は大混乱となった。

ホステスと大喧嘩した波子は、楢林に泣きつく。そこに、市子からの連絡が入るが楢林は電話を切る。

「どこの女?」と言う波子に楢林は「波子が1番で本気だ」と答える。すると波子は楢林に「波子のお願い聞いてくれる?」と畳み掛ける。

連絡がつかない市子は不安だった。

その頃、波子が原因で他のホステスがやめたいと言ってくる。波子は楢林からマンションを買ってもらい、店を出してもらうことになったらしいと知らされる。

元子は慌てて波子の元に行き、店を出すことを聞く。手付金を払い内装工事をこれから始めるという。そして波子は、悪びれる様子もなく「カルネの2つ上のフロア」に店を出してもらうと答えた。

それはダメと言う元子「銀座にはルールがあるの」

波子は「男に貢がせて店出すのは誰もが夢見ること。私は私のやり方でのし上がる。原口さんの場合、男に貢がせたわけじゃないみたいだけどね。あんた銀行辞める直前何やったの?」と言われ、何も言えない元子だった。

店に戻り、元子は黒革の手帖を開き何かを楢林の借名口座情報を見て何かを企んでいた。

スポンサーリンク



波子は、あいからわず楢林に高級外車を貢がせ、そのカードの明細を見た市子は驚いてた。

そこに、元子から市子の元に連絡が入る。

元子は波子と楢林の関係を暴露し、プライベートや仕事に支障をきたさないように話しているが、迷惑をかけて申し訳ないと話す。

市子は自分は単なる婦長であり、プライベートには口出せないと言う。20~30万くらいホステスに使っても仕方ないと話す。

元子は、波子にマンションを買わせ店をもたせようとしている、楢林は波子に2億近くは使っていると言う。

2億という額の大きさに驚きを隠せない市子。

いてもたってもらいれなくなった市子は、元子に教えてもらった波子のマンションに押しかける。豪華な部屋に、高級外車のパンフレットを見つける。

市子は「院長とは釣り合わない、二度と院長と会わないで」と言う。

しかし波子は「釣り合わないのはあなたの方、あなたもうとっくに飽きられてる。お家に帰ってよく鏡を見たら」とバカにするような発言をする。

頭にきた市子は波子につっかかり口論となる。そこに楢林が帰宅し市子をぶった。

波子のマンションを後にし、楢林の自宅に戻った市子。

いつものように楢林の世話をしようとするが拒否される。30年、楢林クリニックと結婚したつもりで新病院建設のために尽くしてきた市子。

「今の病院もこれから建てる病院も俺の病院だ」という楢林。

市子は新病院のために必死にやりくりし、節約して貯めてきた。小さな皮膚科から、市子は全てを病院に捧げアイディアを出し、大きく貢献してきた。

保険外の診察を隠し、銀行に交渉し借名講座を作り、税金のかからないお金をプールし、若い看護師からはケチケチババアと言われても、全ては二人の夢・新病院のために尽くしてきた。

なのに…と泣き出す市子。

すると楢林は「終わりにしよう。お前の代わりはいくらでもいる」と別れを言い渡す。

市子は泣き崩れ「私の30年を返して」とすがりつくが、楢林は何不自由暮らさせてやった礼を言われたいぐらいだと突き放した。

スポンサーリンク



市子は元子に連絡し事情を説明した。

病院を辞め介護の仕事をしようかなと考えていると話す市子に元子は退職金はもらったほうがいいと話す。

今更…という市子。元子は波子に2億も使っておいて、市子には退職金を1円も払わないなんて許せないと言い、自分が楢林からお金を引き出すと約束し、あることを市子に持ちかける。

市子は楢林病院を訪れ、金庫に隠してある裏帳簿を取りだした。

その頃、元子は楢林を呼び出していた。

「波子の店のことだろ?」

「うちの店のすぐ上だなんて」

楢林は安いのが出たからと言い訳する。

元子は楢林を誘惑し、ホテルへと向かった。ホテルに到着し、時間がないと言いながら、元子をベッドへと誘う楢林。

元子は「本題に入る」と言い、黒革の手帖を取り出した。そして、東林銀行北支店に楢林が開設している借名口座の内訳について読み上げだした。

この支店だけで隠し預金は2億500万円。

さらに市子から手渡された裏帳簿を取り出し、この帳簿と東林銀行の隠し預金の情報を税務署に暴露するという。

そして、元子はこの2つを担保に5000万円を貸してほしいと持ちかけた。

そんな大金出せないと言う楢林だが、元子は、波子のお店の支払いをキャンセルすれば5000万円は簡単に用意できるでしょと言う。

恐喝で警察に訴えるという楢林だが、もし元子を訴えれば、楢林の脱税も無認可の医薬品販売も全て明るみになる、さらに医師免許も剥奪されるでしょうねとゆする。

元々、女の弱みにつけこんで悪どく儲けたお金出しいいじゃないのという元子。さらに、元子はベッドを荒らし、自ら着物を破り、自分の腕をナイフで切って血を流す。

そして「暴行されたと」と言うと脅したのだった。

こうして楢林から5000万円引き出すことに成功した。退職金として市子に1000万円として手渡した。

そして、元子はこのお金を元手に自分で商売をしてみてはと言った。

翌日、いつものように店に出てホステスたちに指導する元子。するとそこに波子がものすごい剣幕で店に乗り込んでくる。

グラスを投げつけ、「楢林先生に何したの?」と元子に詰め寄る波子だった。

(第2話おわり)

黒革の手帖2話ネタバレあらすじの感想

ホステスになった波子が楢林に気に入られ、マンションや高級外車、さらには波子の店まで持たせるという展開に。

しかも波子の店は、元子と同じビルの上の階に開くとのことで、元子も危機を感じます。

市子の存在を知った元子は彼女に近寄り、楢林に裏切られた彼女と結託して黒革の手帖をちらつかせ楢林を脅し、5000万円を引き出すことに成功。

店を出せなくなった波子がカルネに乗り込んでくるという、今回もジェットコースターのように怒涛の展開で1時間あっという間でした。

ドロドロしていますが、結構楽しめて見れるこの作品。米倉涼子さんのイメージが強いですが、武井咲さんの元子役もなかなかはまっているなーと感じます。何よりも美人さにより磨きがかかっていて貫禄すらありますね。

来週も見逃せません!

スポンサーリンク