So-net無料ブログ作成
検索選択

インサイドヘッドあらすじネタバレ簡単に結末まで&感想!感動で涙が止まらない! [映画]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。


2015年に公開された映画「インサイドヘッド」

人間の感情をキャラクター化し、ピクサースタジオが手がける長編アニメーション映画です。

数々の賞を受賞し、興行収入40億円を突破し大ヒット!

今回は、「インサイドヘッド」のあらすじネタバレを簡単に結末までまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク



インサイドヘッドあらすじネタバレを簡単に!


11歳の少女・ライリーの頭の中には「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」
の5つの感情たちが共存し、司令塔のモニターを見ながらライリーの成長を見守っていた。

ライリーの日常生活を見守る中、特にライリーにとって重要な記憶とされる出来事はコア・メモリーとして玉が作られる。

ヨロコビがボタンを押せば「喜び」の記憶として残り、カナシミがボタンを押せば「悲しい」記憶の玉として、ライリーの人格を形成する島に運ばれるのだった。

ライリーは自然豊かなミネソタに暮らしていたが、パパの仕事の都合でサンフランシスコに引越しをする。

転校初日に、新しいクラスメイトの前で自己紹介をするライリーは、ミネソタで家族でアイスホッケーをしていた話しを始めた。

するとその途中、カナシミが喜びの記憶とされていたアイスホッケーの思い出の玉に触れてしまう。

楽しかったアイスホッケーの思い出は、もうあの頃に戻れないという「悲しみ」へと変わりライリーは突然みんなの前で泣き出してしまう。

さらにカナシミが、コアメモリーを作り出すボタンを押してしまい、自己紹介の記憶が悲しいコアメモリーとして玉が作られてしまう。

このコアメモリーの玉がライリーの人格を形成する島に運ばれると、今後の人生に大きな影響を与えてしまうと判断したヨロコビは玉が運ばれていくのを阻止しようとする。しかし、パプニングによりヨロコビはカナシミと共に司令塔から遠く離れた記憶の島に飛ばされてしまう。

スポンサーリンク



司令塔になんとか戻ろうとするヨロコビだが、カナシミは半ば諦めモード。

その頃、残された3人の感情「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」たちは大混乱。ヨロコビを失ったライリーはふさぎこむようになってしまう。

なんとかして司令塔に戻ろうとするヨロコビとカナシミは途中、ライリーの幼少期の空想のお友達「ビンボン」に出会う。ビンボンの提案により、司令塔に向かう列車に乗り込むが、司令塔でイカリがライリーに家出することを決意させたことにより脱線事故に合ってしまう。

次第にヨロコビは、カナシミがいるとライリーは幸せになれないと思うようになり、カナシミをおいて自分一人だけで司令塔に戻ろうとする。

しかし、その途中記憶のゴミ箱に落ちてしまい、ビンボンに助けられる。ビンボンは自らを犠牲にしヨロコビを助け、ビンボンはそのまま記憶のゴミ箱の中に落ちていった。

ビンボンに助けられたヨロコビは再びカナシミと合流し、協力してなんとか司令塔に戻る。

一度はカナシミを見捨てようとしたヨロコビだが、悲しいという気持ちを感じられるからこそ、喜びも感じられるのだと思い、ライリーにとってマイナスの存在でしかないと思っていた「カナシミ」も大事な存在であるこということを気づく。

ヨロコビたちがいなくなったことにより、ライリーの頭の中はパニックに陥っており、その状況から脱出できるのはカナシミであると判断し、ヨロコビはカナシミに操作を依頼。

塞ぎこんでいたライリーは、両親に悲しみの感情を打ち明ける。ライリーの本心を聞いた両親はライリーを抱きしめ、喜びと悲しみの感情が入り混じった記憶が初めて生まれた瞬間だった。

その後、「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」たちは上手く連携をとりながら、ライリーは成長していく。新たな友達もできアイスホッケーチームで活躍できるようになったのだった。

(おわり)

インサイドヘッドあらすじネタバレを簡単に!-感想


一見子供向けの映画のように思えますが、これ大人が見てもかなり楽しめてラストは号泣物でした。

「カナシミ」があるから「ヨロコビ」も感じられる。またこの二つだけでなく、他の感情も共存するからより一層人生が楽しくなる。

「カナシミ」のようにネガティブな感情って誰もが拭い去りたい、できれば持ちたくないようなもののように見えますが、とても大事な感情であり決して悪者ではなくいいものだと捉えることもできると見終わった後、爽快な気持ちにさせてくれる映画でした。

これはぜひとも全ての人にお勧めしたい名作です!

まだ見ていない方はぜひとも見ることをおすすめします。

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。