So-net無料ブログ作成
検索選択

女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじと感想!琴音と内藤は親子だった!笑顔&涙のラスト! [ドラマ]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。


剛力彩芽さん主演ドラマ「女囚セブン」がついに最終回を迎えます(泣)

仲間の芸妓を殺したと罪を着せられ刑務所に入れられた主人公・琴音(剛力彩芽)

しかし、琴音を犯人に仕立て上げていた黒幕の正体は法務大臣である内藤であり、雪乃に弱みを握られたためでした。

雪乃が内藤のスキャンダラスなデータを保管している「黒革の手帖」を必死になって探していた内藤に琴音と交換条件で黒革の手帖のありかとパスワード「ルパン」を教える。

しかし、他の女囚たちや琴音の大事な人にこれ以上何もしないという条件だったにも関らず、内藤は約束を破り一条の女将は逮捕され琴音自身も無実の罪をきせられてしまう。

絶体絶命かと思われたが、これまで救ってきた女囚たちが琴音の力となり内藤に反撃することを誓う。

最終回ではついに女囚たちが脱獄し、内藤に立ち向かっていきます。

一体どんなラストが待ち受けているのでしょうか。

女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじと感想についてまとめました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。
スポンサーリンク



女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじ【前半】


内藤(高嶋政伸)の元に女囚たちが脱獄した連絡が入る。

女囚たちは、シーツの交換に来る車の荷台に乗り込み脱獄に成功。

途中、司(山口紗也加)が合流する。

なんとしても女囚たちを捕まえるよう秘書に指示を出す内藤は、総裁選の日に脱獄するとはと頭を抱えていた。

女囚たちは、政治家用の斡旋クラブに身を隠し、琴音が内藤に近づくよう作戦を企てる。本日行われる総裁選の時、内藤は必ず部屋に一人になる時がある。

そこに琴音が乗り込むという作戦だった。

そして、それぞれついに動き出した。

うめは息子が入院している病院に忍び込み会いに行く、息子に抱きつくうめ。しかし、病室を出たところで、うめは刑事に見つかり、逃げたものの捕まえられてしまう。。

ナースは、実家を訪ね整形で全くの別人になっているものの、母親は娘であることに気づき、優しく声をかける。「もう大丈夫だからお母さんは安心して」それだけ伝えたくてナースはやってきたのだった。

その後、ナースも張り込みをしていた刑事に捕らえられてしまった。

===
その頃、琴音と奈津(安達祐実)はとあるお寺にやってきた。

このお寺は女将に万が一のことがあったときの連絡所にしていたという。そして、女将は琴音が塀の中に入った後、お座敷に来る政治家たちの会話を全て録音していたという。

そのボイスレコーダーさえあれば、内藤が今までしてきたことの決定的証拠になると考えていた。

しかし、お寺に入ると芸妓の小春が倒れておりボイスレコーダーは盗まれてしまい、内藤を追い込む最後の切り札が無くなってしまったのだった。

その頃、司は拘置所から解放された女将に会い、女将から頼まれた鑑定書が届いたと1枚の封筒を渡していた。

===
沙羅(トリンドル玲奈)は娘のいる学校に向かい、遠くから娘の姿を見ていた。幼いころに離れ離れになったため、自分のことがわかるのか、わからないよなと悩んでいると「ママ…?」と娘が声をかけてきた。

沙羅は必ず一緒に暮らせるから待っていてねと言い娘を抱きしめた。

そこに刑事たちの足音が近づいてくる。

ママと一緒にいたいという娘に後ろ髪を引かれながら沙羅はその場を去り、途中刑事に囲まれ、取り押さえられてしまった。

===
桜子(平岩紙)は中年の彼氏と焼肉を食べていた。

遺産を彼氏に託し、老人ホームの建設を託した。

そして「これでいつ死刑になっても安心。満足した」といって警察署に向かった。

女囚たちは捜査をかく乱させるためにバラバラに動いていたのだった。

焦る内藤は早く見つけて皆殺しにしろと命令する。

スポンサーリンク



女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじ【後半】


司と合流した琴音と奈津。

ボイスレコーダーがなく、内藤に突きつける証拠がなくなった琴音はピンチだった。

証拠がないまま内藤がいる自衛党本部に潜り込む。

途中、高見沢に遭遇し、琴音と奈津のことを見た高見沢は警備を呼ぶが司が高見沢のことを取りおさえ、その隙に琴音と奈津を逃がす。

裏切ったわねと言う高見沢に、「私はあんたのような女にならない、信念の元自分の道を歩く」と強く言い放ち、駆けつけた警備に取り押さえられてしまう。

内藤の部屋に向かう、琴音と奈津。

途中警備たちに見つかるものの、琴音は次々に警備たちをやっつけ内藤の元へと急ぐ。

すると奈津が途中で立ち止まり琴音に言う。

「ありがとう。初めて一人じゃないって思った。もう会えないかもしれないけど。楽しかったよ。じゃあね」

そう言い残し、後ろから追いかけてくる警備たちの元に自ら行きおとりとなった。

奈津は集まっている報道陣の前に駆けつけ

「自首します。私は脱獄した坂本奈津です。最初は食い逃げですけど、本当はスリです。寂しくて見栄張ってうそついて愛されたいなって思ったり。でも愛されないんだろうなって思って。だけど、悪いことしといてごめんなさいもいえないような小さいクソやろうほど人間くさってねぇんだよ。」

そう言い放ったのだった。

===
琴音が内藤の元に向かう途中、女将が待っていた。

ボイスレコーダーが盗まれ切り札が無い琴音に女将は1枚の封筒を渡す。

その封筒の中に入っている1枚の紙を見て琴音は目を疑った。

「乗り越えるしかあらへん」

そう女将に言われ、ついに内藤がいる部屋に乗り込んだ。

「こんなところまでよくも」

「そちらさんこそ、よも約束破ってうちな大事な人を皆殺しにするとは。雪乃ちゃんを殺したのはあんたはんどすやろ」

しかし、内藤は全ては秘書がやったことだと認めず、自分ほど優秀な人間がトップになるべき、最強のリーダにふさわしい人間だと琴音に突きかかってくる。

そして、命には価値がある命とない命があるといい放つ内藤。

すると、琴音は1枚の紙を内藤に見せた。それは琴音が内藤の娘であることを肯定するDNA鑑定書だった。

スポンサーリンク



「まさか…」

「ええ、そのまさかどす。」

「そうだったのか…」

すると、内藤はその場に土下座し、琴音に頭を下げた。

「我が娘を辛い目に合わせてこのとおりだ…」

と泣きながら頭を下げた。

「これからは助け合っていこう。血の繋がった家族じゃないか」

そういう内藤に琴音は…

「あはははははは。家族って知らんおっさんに急に父親面されても貴書悪いだけどすわ。下手な猿芝居止めておくれどす。正直うちはこの鑑定見ておぞましゅうてどうしていいかわからへんのどす。

日本の総理大臣の娘が女囚とは。しかも総理大臣ともあろうとものが、総理大臣になりたいがあまり
娘に殺人罪をなすりつけたとは世間にばれたら政治家として一環の終わり。

日本の恥、世界の笑いもの、宇宙の鼻くそどすやろな~。せやけどどうしてもわからへんのどす。うちの母親ほどの人がなんであんたはんなんかと。」

内藤は若かりし頃琴音の母・琴葉と出会い付き合っていた。そして、琴葉に一生懸命に政治論を語っていた。

しかし、後ろ盾が無い者は政治家の有力者と結婚しなければと言われ、政治家の娘と愛のない結婚をし、琴音の母を裏切る形で別れてしまう。

政治家として志を持っていたが、次第に政治家の黒い波に飲み込まれていき、本来持っていた志も見失ってしまった。

世の中を変えるためにはどんな手を使ってでも総理大臣になるしかない。いつしかそう思うようになって行った。

そんな内藤に琴音は

「世の中を変えるためにあんたはんが変わってしまっては本末転倒。あんたはんが守りたかったものはここに来る前に全部自分で踏み潰してきはったんどす。うちもその一人どすやろな。」

と言う。そして…

「悪いのはあんたはんやない。そんなことせんと出世できんくだらん社会どす。それとクリーンな上っ面と耳障りのええフレーズに惑わされて適当にあんたはんを選んだ有権者どす。

罪は犯すやつが悪いんやない、犯させるやつが悪いんどす。けど自分が犯した罪くらい自分できっちり償いなはれ。」

と言い琴音は去ろうとする。

「待て。パスワードのルパンはなぜ?」

「それが母の死に際の言葉だった。」

「亡くなったのか…」

「貧困の中誰にも頼らんとうちを食べさせるだけに、ほんまにええ母親どした。その相手がまさか。さぞかし母もうかばれへんことどしたやろ」

そう言い、琴音は涙を堪えながら部屋を去って行った。

総裁選の記者会見の現場にて。

内藤は、琴葉の母に言われたことを思い出していた。

琴葉に自分の理想とする政治論を語っていた時、「ルパンみたいやな」と言われていたのだった。

そして内藤は総裁選の候補を辞退を発表し、罪を犯したと自白したのだった。

スポンサーリンク



女囚たちは全員、刑務所に戻っていた。

全員で再会し「また会えたね」と笑いあった。

一方の内藤は刑務所に入り、囚人たちにいじめられていた。

新所長には一本松が就任した。

そして、内藤から指示を受け数々の罠を仕組んだ百目鬼(宍戸美和公)は囚人として戻って入所し琴音たちと同じ部屋になった。

ドベ(新人)として入ってくる百目鬼にもうドベいじめはやめとこうかという女囚たちだったが、琴音は
伝統は守らなければと無表情で言う。

「やっぱり芸妓が1番腹黒いよね」

と、笑いあう女囚たちだった。

(おわり)

女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじの感想


女囚セブン終っちゃいました(泣)

そして、やはり内藤と琴音は親子でした!第7回からもしかして…?と思いましたが、やはりそうでしたね。

脱獄したものの、捕まることを見据えて会いたい人に伝えたいことを伝えに行った女囚たちのシーンは感動的でした。個人的には桜子のシーンがなんだか切なかったですね。

ただちょっと最終回の割には盛り上がりにかけたような気もしますが、涙あり、笑いありのドラマで全体的にはかなり面白かったです。

スペシャル版として帰ってくることを期待したいと思います、

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0