So-net無料ブログ作成
検索選択

過保護のカホコ2話ネタバレあらすじと感想!糸の暴露にカホコ大パニック! [ドラマ]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。


高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」

過保護な両親(特に母親?)に育てられた主人公・加穂子(高畑充希)は、1人では何もできない超箱入り娘に成長していた。

そんなある日、同じ大学の画家を目指す麦野(竹内涼真)と出会い「人を幸せにする仕事」をしたいと、初めて自分の意思で何かを見つけ外の世界へと飛び出そうとしていた。

さて、「人を幸せにする仕事」探しを始めたカホコに仕事は見つかるのか!?

今回は過保護のカホコ2話のネタバレあらすじと感想についてまとめました!

スポンサーリンク



過保護のカホコ2話ネタバレあらすじ


小さい頃から何でも母に頼りっきりのカホコ(高畑充希)。

麦野の書いた絵を見て感動したカホコは「人を幸せにする仕事がしたいと考えていた。

しかし、母(黒木瞳)は花嫁修業して専業主婦になればいいじゃないと言う。麦野にそれはダメだって言われたと答えるカホコ。

カホコはパパ(時任三郎)や親戚のおじさんたちの職場に見学に行くことにした。もちろママも同行する。

後日。

パパが務めるは保険会社に見学に来たカホコに、パパはどんな保険があるのか説明する。しかしカホコはあまり興味なさそう。

「パパは何でこの会社に入ったの?一流企業だから?」と問いかける。

しかし、パパは「それもあったけど…」と他に理由を答えられない。ママは興味がなさにぼーっとしていた。

そして、警察官と看護士をやっている叔父たちを訪ねるもどこかピンとこないカホコ。さらにパパの実家に行きおじいちゃんたちにどんな仕事が向いてそうかと聞くが、「専業主婦だけは絶対にやめたほうがいい」と言われてしまう。

自分がどんな仕事がいいのかわからないカホコは画家を目指している麦野(竹内涼真)の元を訪れた。

「どうして画家になろうと思ったの?」

「昔から絵がスキだったし、将来世界一の画家になれるって言われたから。」

「カホコも麦野くんみたいに人を幸せにするような仕事をしたいと思って職場見学に言ったけど全然
わからなくて…と相談する。

落ち込むカホコに麦野は「お前にしかできないことがあると思う」と言い、どうすればいいかわらないというカホコに「13歳のハローワーク」を読んでみたらと勧めた。

スポンサーリンク



さっそくカホコは本屋に直行し、購入した13歳のハローワークを夢中で読み始める。そして、興味を持った仕事について、ママにいちいちどうかなと確認する。パティシエ、保育士、教師、宇宙飛行士、大工、僧侶、フラワーアレンジメント…

思いついてはママに聞くがどれも否定されてしまい、更に落ち込むカホコ。ママは無理して変な仕事しないで花嫁修業した方が言った。

その時、ママの妹のから連絡が入り、カホコのイトコにあたるイト(久保田紗友)のチェロのコンクールがあると知らされる。

翌日、カホコはイトが練習しているところに訪ねていく。部屋に入ろうとした途端、イトが突然右腕を抑え痛みだした。

心配し慌ててイトの元へと駆け寄るカホコ。イトは心配ないからと言った。

そして、カホコはイトにチェロを始めたのと聞く。

イトは小学生の時に生演奏を聞いて体が震えるくらい感動した、自分が探していたモノ見つけたと思ったという。チェロさえあれば何もいらないと熱く語った。

カホコもそういうものに出会いたいと言い部屋を去っていった。

日曜日、イトのチェロのコンクールに親戚総出で集まり、応援に行った。

カホコは、イトが痛そうにしていた右腕を心配しつつも誰にも言わないでと言えずに何も言えなかった。

そしていよいよイトの演奏が始まった。順調に演奏を始めたものの、右腕の痛みに耐えきれずに、チェロを落とし演奏は中断してしまった。

その後、病院に運ばれ、お医者さんからは原因不明の右手が思い通りに動かせない病気にかかっており、チェロを続けるのは難しいかもしれないと言われた。

イトは、ずっと前から痛みがあったものの、隠していた。

泣き崩れる、イトの母。

イトは検査がありしばらく入院することになった。カホコはずっと何か言いたげだったが何も言えずにいた。

スポンサーリンク



自宅に帰り、カホコはママにイトちゃんの手首が痛かったことを知っていたと話す。しかし誰にも言わないでと言われため、打ち明けられなかったという。

「どうすればいいかな」というカホコにママは「カホコが話したとしてもイトはコンクールに出るのは辞めなかったと思う、二人の秘密にしましょう」とママは答えた。

パパは何か言いたげだったかったが結局何も言えなかった。

翌日学校にて。

カホコは麦野に、イトが入院したことを告げ、同じ芸術家同士何か言ってあげてとお願いし病院につれていく。

病室では、親戚総出で御見舞に来て元気そうにするイトだったが、一人になると寂しそうな顔をしていた。

麦野に「そっとしておいた方がいい」と言われカホコたちは病院を後にした。

なんとかイトの力になりたい思うカホコは、千羽鶴を作ることを思いつき麦野にも手伝ってというと、1羽100円、500羽で5万円なら手伝ってあげてもいいと冗談混じりに答える。

すると、その夜5万円を握りしめたカホコが麦野の前に現れ千羽鶴を作り始めたのだった。

翌日、出来上がった千羽鶴と花束を持ってイトの病室を訪れる。麦野から余計なことは言わずにおいてたらそっと帰れと言われていた。

イトの病室に入ったカホコは千羽鶴と花束をお見舞いと言って渡し、帰ろうとする。

するとイトの方から「黙ってて言ったこと気にしないで。まともにチェロ弾けないとか笑っちゃうよね。他に何しろって言うんだよ」と話しかけてくる。

カホコは思わず、片手で弾ける楽器もあるし、歌うことだってできると言い始め、元気がでるような言葉を見せたり、家族みんなイトちゃんの演奏楽しみにしているから、イトちゃんだったら大丈夫だから…

と必死に励ます。

しかしイトは

「上から目線で説教するな。私はうちの親戚のやつら大嫌い。何かあるために親戚集まって、そん中でもあんたが嫌いだった。あんたみたいな水槽の中でぬくぬく泳いでいる金魚に、荒波の中で必死に泳いでる辛さはわかんないだろ。帰れ」

と千羽鶴と花束を投げつけられてしまった。

初めての出来事にカホコは動揺し、耳を抑えたまま自宅に帰る。ママに心配されるものの、カホコは「イトちゃん元気そうだったよ」と本当のことを言えないでいた。

カホコはイトに言われた言葉が頭の中で繰り返され離れなかった。

スポンサーリンク



すると、バイトで近くを通りかかった麦野が現れ、神社で落ち合うことにする。カホコの頭の中では、イトに言われた言葉が何度もリフレインされていた。

「私、こんなの初めて。」

初めてのことに動揺し混乱するカホコ。今まで大変なことあったらママに相談できていたけど、今回は相談できないと落ち込む。

すると麦野は「初めてのことでショックで傷ついただろうから、思いっきり泣け」と言われカホコは
麦野に抱きつき大声で泣き始めた。

「これからママに言えないことがあったらとりあえず俺が聞いてやるから」

「麦野くんって案外優しいんだね」

カホコは泣き疲れ寝てしまい、麦野はカホコをおんぶし自宅前まで送り届けようとした。すると、パパとママが現れ見つかってしまった。

(2話終わり)

過保護のカホコ2話ネタバレあらすじの感想

今まで誰にも怒られたことがないせいか、イトに激しく責められパニックになってしまったカホコ。

そんなカホコをなんだかんだ言いつつも優しく兄のように支える麦野のシーンには思わず胸がジーンとしてしまいました。

それにしても、カホコは過保護というよりちょっと天然?というか、頭の中お花畑すぎるというか、幼稚園児みたいだなと感じました。

そういう設定なのか…?

しかし、今まで知らなかった感情を体験していき成長していくカホコ。一体この先はどうなっていくのでしょうか。麦野との関係も気になりますので、来週も見逃さないようにしましょう…!

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0