So-net無料ブログ作成
検索選択

孤独のグルメ(Season6)1話ロケ地!大阪お好み焼き,串かつ店はココ! [孤独のグルメ]

深夜の飯テロドラマとして、人気のドラマ「孤独のグルメ」がSeason6として帰ってきます!

輸入雑貨商の営業職として勤務する主人公・井之頭五郎(松重豊)は、仕事で訪れ見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいものを自由に食べるというドラマ。

地味といえば地味なドラマですが、五郎が食べる食事がおいしそうでなおかつ独特な雰囲気が根強いファンがいるドラマですね。

2017年4月7日からシーズン6が始まり、第1話は大阪が舞台!

今回は、孤独のグルメ((Season6)1話ロケ地について紹介します!

スポンサーリンク





孤独のグルメ(Season6)1話ロケ地!舞台は大阪・美章園と平野!


今回、五郎が訪れたのは大阪阿倍野区美章園駅と平野駅付近です。

予告でも、鉄板でジュージュー音を立てて鰹節が踊るお好み焼き、そして味が染み込んでいそうな串かつが流れていました。

今回は、その二つのお店について調べてみました!

孤独のグルメ(Season6)1話ロケ地!お好み焼き定食は甘辛や


まず、五郎がお好み焼き定食を食べたお店は美章園駅からも徒歩1分のところにある「甘辛や」というお店です。



実は、美章園駅近くには「甘辛や」は2つあるのですが、今回五郎さんが訪れたのは、赤い暖簾のお店の方です。


住所:大阪府大阪市阿倍野区美章園3 -2-4

店内はカウンター席のみで、地元の人でにぎわうアットホームな雰囲気漂うお店。

知る人ぞ知る地域密着型の名店として愛されているようですね。

お値段も500円からととってもリーズナブルです。

また、甘辛やでお好み焼きと並んで人気なのが、「焼きそばロール」

濃厚なソースに太めの焼きそばが、ふわっとした玉子の中に包んであり絶品です。

五郎さんがドラマで食べていたのは、お好み焼き定食ですが、大阪ではお好み焼きをおかずにご飯を食べるため、ご飯+味噌汁をつけたセットということになります。

ソースの旨さにご飯が進みそうです。

孤独のグルメ(Season6)1話ロケ地!串かつ屋は「串かつ・どて焼き 武田」


そして、次に串かつ屋についてみていきましょう。

五郎さんが訪れた串かつ屋は、大阪平野区にある「串かつ・どて焼き 武田」です。




こちらのお店は、真っ暗な住宅街の一角にひっそりと佇む、知る人ぞ知る名店。

店舗構えではなく屋台です。

オレンジ色の屋台が目印で、夕方4時半頃から夜8時頃までオープンしており、ネタがなくなり次第終了となります。

串の長さによって、値段が変わるそうで100円からととってもリーズナブル。

1000円くらいで、おなかいっぱい食べられるそうです。

これはぜひ行ってみたい!

<住所>
大阪府大阪市平野区平野本町1-5光永寺前

孤独のグルメ(Season6)1話ロケ地!大阪お好み焼き,串かつやはココ!-おわりに


今回は、孤独のグルメ(Season6)1話大阪ロケ地について紹介しました。

どちらも、地元らしさがあり、美味しそうなのでこれは行ってみたいですね!

ぜひ、近くまで行った際には訪れてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。