So-net無料ブログ作成
検索選択

闇サイト殺人事件暗証番号は恋人,母への暗号に込められた思い 犯人生い立ちとその後 [ニュース]

このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。


2007年愛知県で起こった「闇サイト殺人事件」

闇サイトと呼ばれるインターネット上の掲示板で出会った見ず知らずの男たちが犯行グループを結成し、通りすがりの会社員の女性を強盗目的で命を奪うとなんとも痛ましい事件でした。

今回は今一度どのような事件だったのか振り返ると共に、被害者の女性が残した暗号、さらに犯人の生い立ちとその後についても調べてみました。

闇サイト殺人事件の概要


2007年8月24日午後10時頃、愛知県名古屋市千種区自由が丘にて。

磯谷利恵さん(当時31歳)は、長年務めた派遣先の会社を辞めることになっており同僚の女性たちがお別れ会と称し飲み会を終えて帰宅していた。

その途中、道を尋ねてきた男に拉致され、近くに停車していたワンボックスカーに押し込められる。

この間わずか1~2分だった。

犯行に及んだ男は3人。

・川岸健治(40):住所不定無職
・神田司(36):朝日新聞セールススタッフ
・堀慶末(32)無職

実はもう一人、本堂裕一郎という男が犯行に加わろうとしていた。しかし、途中で怖くなり逃げ出した。

犯人たちは、犯罪を行う仲間を募集するサイト「闇の職業安定所」を通じて出会う。

お金持ちがいそうな名古屋で犯行に及ぶことを計画し、小柄で貯蓄をしている黒髪の真面目そうな女性を狙いあたりをうろうろしていた。

その時、利恵さんが通りかかり犯行を実行。

車の中に連れ込んだ利恵さんを身動きが取れないようにし、利恵さんの持ち物から現金約7万円と銀行のキャッシュカードを奪い、カードの暗証番号を教えるよう脅す。

利恵さんは身体を震わせながら暗証番号を教え、「顔を見られたから通報される」というなんとも安易な動機で、利恵さんに暴行を加え命を奪います。

その後犯人たちは利恵さんの遺体を岐阜の山中に遺棄。

この男たちと利恵さんは全く面識がなかった。

利恵さんから奪ったキャッシュカードで現金を引き出そうとした犯人たち、しかし何度カードをATMに入れ番号を入力してもエラーとなり引き出すことができなかった。

思ったように現金が手に入れることができなかった犯人たちは、次の犯行を計画する。

しかし、事件の翌日、犯人のうちの一人・川岸が「死刑になりたくない」という理由で自首し、神田と堀も逮捕され事件が明らかとされたのだった。

闇サイト事件被害者利恵さんの最後の抵抗か?母と恋人へ…暗証番号2960に秘められた暗号とは


犯人たちは、利恵さんから聞きだしたカードの暗証番号で現金を引き出そうとした。

しかし、利恵さんから教えられた番号はウソであり、お金を引き出すことはできなかったという。

男たちに脅され恐怖に怯える中、利恵さんが教えた暗証番号

「2960」

昔から数字の語呂合わせをするのが好きだったという利恵さん。

この番号は当時付き合っていた5歳年下の恋人や母親に向けたメッセージだと言われています。

「2960」=「ニクムワ(憎むわ)」

利恵さんの両親は利恵さんが2歳の時に亡くなり、それからは母の富美子さんが女手ひとつで大事に育ててきました。

母一人、女一人の環境で仲良く暮らしてきた親子。

利恵さんは、自分を大切に育ててくれた母と一緒に暮らす家を買うために800万円以上の預金をしており、「1番の親不孝は親より先に死ぬことだから私はそんなことは絶対にしない」と親しい人に話していました。

利恵さんは危害を加えられながらも、母のことを思い自分一人先に逝くわけにはいかないと、懸命に一人闘っていたのではないでしょうか。

母に買うための資金を犯人に奪われないように必死の抵抗だったのでしょう。

事件後、被害者が1人でありながら犯人の男たち3人には死刑が求刑され、神田と堀には求刑通り死刑判決に、川岸は無期懲役が言い渡されました。

そして2015年神田の死刑が執行されたのでした。

闇サイト事件犯人の生い立ち


<神田司>
2015年死刑が執行された神田司。

幼少期に両親は離婚、家は貧しく借金を祖父母と兄と一緒に抱え住まいを転々をしていました。

家を出て行った父親が戻ったものの、暴力を受ける日々。

そんな環境からか非行に走り、暴力団にも所属し薬物に手を出したことも。

金に困り、金周りがいい仕事はを探していたところ闇サイトの存在を知り犯行に至ります。

事件後の公判中あろうことか、神田司は友人の手を借りブログを立ち上げます。

タイトルは「真実・神田司」(現在は閉鎖されています)

そのブログでは、利恵さんの謝罪どころか侮蔑するような言葉を並べ全く反省しているよな様子は見られなかったと言われています。

<川岸健治>
事件の犯行の仲間の呼びかけをした川岸健治。

川岸は結婚し4人の子供を持つ普通の父親であり、運転手の仕事をしていたそうです。

しかし離婚をきかっけに家のローンを抱えて借金が増え続け、やがて金がないなら悪い事をしても手に入れると変貌していきます。

闇サイトでの仲間を募り犯行を実行したのです。

事件後、テレビ局の記者が手紙を書き犯人に接触を試みたところ、山岸からの手紙の内容はまるで事件を他人事のように事件について語るものでした。

さらに、山岸は手紙にて「命は尽きるもの」

利恵さんの命が奪われたのも「運が悪かったから」、遺族の方に対しても「お気の毒」というような
傲慢で信じられないような内容だったそうです。

逮捕後も罪の意識が全く持っていなかったことがわかります。

<堀慶末>
本名は、金慶末で9歳の時に帰化。

生い立ちについて詳しいことの情報があまりありませんが、闇サイト事件前にもう2つの強盗殺人事件に関与していたことが発覚し、逮捕・起訴され現在でも裁判が続いています。

おわりに


なんとも身勝手で短絡的な動機で事件を起こした犯人たち。

あまりにも衝撃的過ぎて言葉になりません。

母と暮らす家、恋人との結婚、明るい未来を楽しみにしていた利恵さん、そしてたった一人の娘を失った母・富美子さんの気持ちを思うと胸がしめつけられ居たたまれない気持ちになります…。

ネット社会が進んだ現代便利な一方このような事件がまた起こってしまう可能性も十分にあります。

今後このような事件が二度と起こらないようにしっかりと対策することの必要性をより一層感じます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0